本・雑誌 在庫あり商品対象!条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 宗教・倫理 > 倫理学
できたことノート1日5分「よい習慣」を無理なく身につける[永谷研一]
  • Googleプレビュー

できたことノート 1日5分「よい習慣」を無理なく身につける
永谷研一

1,408(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(1件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
科学的な理論をベースにしつつ、コムズカシイことは一切抜き。「自己肯定感」を育て、「振り返る力」を高めることで、さまざまな習慣を無理なく定着させる方法、「できたことノート」を紹介します。「行動を変える専門家」が書いた新しい成長の法則。仕事、勉強、ダイエット、子育てなど1万2000人の「行動と結果」からわかった、あなたを「脱皮」させる習慣のつくり方。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 自分を肯定的に見る効果(あなたの「思考のタイプ」はどっち?/欠けている部分に目がいくのは人間の習性 ほか)/第2章 「できたこと」を見つけよう(「できたこと」の上手な探し方/「気持ちいい!」を見つけるHappyのめがね ほか)/第3章 できたことノートを書く前に(できたことを深く考える「内省」/能天気な人と楽観的な人はどこが違うのか ほか)/第4章 実際に書いてみよう!(できたことノートを書くための「4つの質問」/できたことノートを書いてみよう ほか)/第5章 さらにバージョンアップするために(まずは3週間、続けてみよう/「経験から学ぶ力」がまだ十分でない人の対処法 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
永谷研一(ナガヤケンイチ)
発明家/株式会社ネットマン代表取締役社長。1966年静岡県沼津市生まれ。NPO法人学習分析学会副理事長、情報コミュニケーション学会評議員。2001年より「携帯電話などモバイル端末を活用したアクティブラーニング」を手がけるICT利活用教育のパイオニア。行動定着を支援するITシステムを考案・開発し、日米で特許を取得。とくにアメリカでは、日本人初の行動変容系システムの特許保持者となり、その功績が高く評価を受けO-1ビザ(卓越能力者ビザ)が認められる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(26件)

総合評価
 4.05

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2021年04月12日

    自己肯定感を高めるには良い方法だと思いました。

    0人が参考になったと回答

  • 特別に
    そめーーはる
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2019年09月15日

    特別にノートを作るというより、手帳でも良いからとできたことを書き溜める習慣がつきました。何も出来なかったと思う日でも、書き出してみると『意外と今日頑張ったな!!』と思えます。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年04月12日 - 2021年04月18日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第-位( - ) > 宗教・倫理:第2160位(↓) > 倫理学:第1098位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと8

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ