本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
日本妖怪図鑑復刻版[佐藤有文]
  • Googleプレビュー

日本妖怪図鑑復刻版 カラー版
佐藤有文

5,060円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年08月
  • 著者/編集:   佐藤有文
  • 出版社:   復刊ドットコム
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  207p
  • ISBNコード:  9784835453910

商品説明

ジャガーバックスシリーズ 復刻版第4弾!
佐藤有文&石原豪人の最高傑作とも呼ばれる
伝説の『日本妖怪図鑑』がついに復刻!
キレイごとばかり書かれた現代の妖怪図鑑にはない
“胡散臭さ”こそ、最大の魅力です!

『世界妖怪図鑑』に続き、立風書房(現・学研プラス)から出版されていたジャガーバックスシリーズの中でも、最高傑作との呼び声高い人気タイトルがいよいよ登場です!

復刊リクエスト数、累計300票(2016年5月現在)と、ジャガーバックスシリーズの中でも屈指のリクエスト数をほこる『日本妖怪図鑑』。

石原豪人・木俣清史・河内功・直野祥子らによる挿絵画家の共演、大映(現・KADOKAWA)の映画作品『妖怪百物語』『妖怪大戦争』に登場した妖怪のスチール写真も多数掲載しています。
資料協力者には漫画家の水木しげるや、SF作家の斎藤守弘らも登場する豪華な妖怪図鑑です。
特に石原豪人の描く魅力ある妖怪図は必見!
現代の妖怪図鑑では決して見ることのできない、魅力ある妖怪たちに加え、嘘かまことかわからない佐藤有文独自の記述にも注目です。

発刊当時と同じ内容、造本はもちろん、屈指の印刷技術を誇る図書印刷の協力により、その美しさはもちろんのこと、細部まで刊行当時を再現した自信作をお見逃しなく!

▼佐藤有文氏からのメッセージ(※発行当時に記載されたもの)
妖怪変化についてしらべはじめて十年ーーー いろいろおもしろいことが、わかってきました。
日本には、九つの超能力をもった、およそ四〇〇種類もの妖怪がいます。
この本では、妖怪変化のすべてを、たくさんの絵や写真をいれ、おもしろくわかりやすく、紹介してみました。
妖怪は、ただたんに、恐ろしくぶきみなものでないということが、わかってもらえるでしょう。

▼「ジャガーバックス」シリーズとは!?
「格好いいもの」「怖いもの」「ワクワク夢中にさせるもの」…といった、特に男子の興味関心のすべてを、児童向けにレーベル化した、立風書房(現:学研パブリッシング)より刊行された人気シリーズ。1972年頃から1983年頃まで、ハードカバーの約60冊が刊行されました。
その後、1985年から1990年頃までのソフトカバーの「ビッグジャガーズ」(約20冊刊行)、「ポケットジャガー」、「ジャガー・サイエンス」といったシリーズもあり、長年子どもたちを楽しませて(トラウマを与えて)きました。
この「ジャガーバックス」が扱う分野は多岐に渡り、ミリタリーものや雑学系、乗り物、スポーツ、アニメ系などもありますが、やはり多くの読者(=子どもたち)にとって興味の中心は、オカルト・怪奇系、またはミステリー系であり、その人気はリクエスト数にあらわれています。

▼本書の3大特徴
1. 復刊リクエスト投票300票(2016年5月現在)。人気タイトルの復刊がついに実現!
2. 石原豪人ファンは必読! その他、木俣清史・河内功・直野祥子等も執筆。
細部まで表現された繊細且つ独特の絵を堪能ください!
3. 原画を超える美しさ!? 高い印刷技術を誇る図書印刷株式会社によるこの美麗な誌面。 美しいカラーページもすべてレストア!

※本書は、立風書房より出版された『日本妖怪図鑑』を底本に出版するものです。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 動物の妖怪/2 人間の妖怪/3 人獣の妖怪/4 妖怪出現の記録/5 百鬼妖魔/6 日本の妖怪地図

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

5,060円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ