本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 文学 > 文学史(日本)

紫式部 (新装版 人と思想 174)
沢田 正子

1,320(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

平安貴族の絵巻は日本文化の雅のルーツとして現代人に果てしなき夢,憧れを誘ってやまないが,宮廷社会の実体は厳しく,それほど美しくもなく雅でもない。表面が華やかであればあるほど,その内部に沈潜する人間の暗部,不断の苦悩や悲しみ,不条理なども際立つ。時の権力者藤原道長の娘に仕えた紫式部は,宮廷生活の現実を厳しく見据えながら,孤独な我が魂を燃焼させるようにあの源氏物語を創出した。彼女の歩み,心像世界を虚心に辿ることにより,その創造のエネルギーの原点を探り,混迷した現代に生きる我々の精神の糧としたい。
目次(内容と構成)
はじめに
第一章 紫式部と宮仕え
    (一) 宮仕え女房紫式部
    (二) 宮仕えへの道のり
    (三) 源氏物語の執筆
    (四) 同僚女房たちとのかかわり
    (五) 主家の人々とのかかわり
    (六) 自照・述懐
第二章 源氏物語の世界
    (一) 瀬旬の碑
    (二) 没落、そして栄光への道
    (三) 暗転・愛と罪と死
    (四) 宇治の浄光
第三章 美意識・思念
    (一) 華やぎ、やつれ
    (二) 自然と人間
年譜
索引

内容紹介(「BOOK」データベースより)

美麗な衣装、長い黒髪、平安の貴族たちの絵巻は日本文化の雅のルーツとして現代人たちに果てなき夢、憧れを誘ってやまないが、宮廷社会の実態は厳しく、それほど美しくもなく雅でもない。表面が華やかであればあるほど、その内部に沈潜する人間の暗部、不断の苦悩や悲しみ、不条理なども際立ってくる。絶えざる権力闘争も激しい宮廷社会の渦中にあって、様々な人間の実相を常に冷静に、聡明な知性と涼やかな視線をもって見つめている女人があった。紫式部と呼ばれる宮仕え女房である。時の権力者藤原道長の娘、中宮彰子に仕え、宮廷生活の現実を見据えながら、孤独なわが魂を燃焼させるかのようにあの源氏物語を創出した人。彼女の歩み、心象世界を虚心に辿ることにより、その創造のエネルギーの原点を探り、混迷した現代に生きる我々の精神の糧としたい。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 紫式部と宮仕え(宮仕え女房紫式部/宮仕えへの道のり/源氏物語の執筆/同僚女房たちとのかかわり/主家の人々とのかかわり/自照・述懐)/第2章 源氏物語の世界(青春の碑/没落、そして栄光への道/暗転・愛と罪と死/宇治の浄光)/第3章 美意識・思念(華やぎ、やつれ/自然と人間)

著者情報(「BOOK」データベースより)

沢田正子(サワダマサコ)
1944(昭和19)年、東京生まれ。東京教育大学大学院文学研究科(日本文学専攻)修了。東京教育大学・筑波大学助手、静岡英和女学院短期大学講師・助教授・教授を経て、静岡英和学院大学元教授。平安女流文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ