第161回 芥川賞・直木賞決定!
こどものとうひょうおとなのせんきょ
  • Googleプレビュー

こどものとうひょうおとなのせんきょ (かこさとし◆しゃかいの本)
加古里子

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

「選挙」って何? 「民主主義」って、どういうこと?
フェイスブック、ツイッターで大反響! 稀代の名著が緊急復刊!!

2016年で90歳。絵本作家として絶大なる人気を誇る、かこさとし。
そのかこさとし先生が、今から30年あまり前に描いた「民主主義の絵本」です。
ハフィントンポスト(日本版)への掲載をきっかけに、フェイスブックやツイッターなどを通じて大きな反響を呼んでいる本書。

子どもたちが集う児童館前の広場が舞台です。いろいろな遊びをする子どもたちの間では、お互いを邪魔に思うトラブルが絶えません。そこで、子どもたちは、その広場で何をして遊ぶのかを投票で決めることにしました。
投票の結果、多数決で決まった遊び。でも、みんなが楽しく遊べる広場ではなくなってしまいました。
そこにやってきた年上のお兄ちゃんが、新たな良い提案をしてくれます。
お兄ちゃんは、どんな提案をしてくれたのでしょう?

日本社会も世界各国も、混迷を深める現代に、もう一度「民主主義」のあるべき姿を問いかける。優しい絵本の中に、大切なメッセージがいっぱい詰まった一冊です。
いつか選挙権を持つ子どもたちも、18歳で初の選挙に参加する人たちも、そして大人になってしまった人たちも…。
今こそ、この名著で「民主主義」について考えてみましょう。

この本は、最も大切な「民主主義の真髄」をとりもどしたいという願いでかいたものです。
「民主主義のヌケガラ」と後世から笑われないために、私たち自身が反省したいと思っています。
かこさとし

※本書は、1983年・童心社刊『かこさとし・しゃかいの本 こどものとうひょう おとなのせんきょ』を復刻するものです。


選挙の仕組みについて、子供に分かりやすく説明出来る本はないかなと思い、こちらを手に取りましたが、予想外に私自身も民主主義について考えさせられる事になりました。
幼児の頃は力ずくやジャンケンで決めていた事を、小学生になると多数決で決めるようになる。でも多数派の意見だけを採用する事は、必ずしも正しい事とは言えない。
一人一人考え方が違う人間が集まり、みんなが納得出来るように決めて行く事の難しさや、解決の糸口を、読み手にやさしく教えてくれます。(miki222さん 40代・千葉県 男の子7歳、女の子5歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
フェイスブック、ツイッター、TVで大反響!「選挙」ってなに?「民主主義」って、どういうこと?「数の論理」は民主主義じゃない!!“18歳初選挙”の年に、緊急復刊!!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
かこさとし(カコサトシ)
1926年、福井県武生市(現越前市)に生まれる。東京大学工学部在学中より、地域の教育文化活動に参加。民間会社勤務のかたわら「だむのおじさんたち」「だるまちゃんとてんぐちゃん」シリーズなどの代表作を発表。47歳で退職後は、創作活動に専念する。科学絵本や伝統の遊びを紹介する本も手がけ、これまでに600冊以上の本を刊行。2008年に菊池寛賞を受賞。2016年、卒寿を迎える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 3.0

ブックスのレビュー

  • いんこ30
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2017年10月26日

    なかなか内容の難しい本でした。4歳の娘に購入したのですが我々大人が考えさせられる内容でした。結構前に書かれた、むしろ私が子供のころからあった絵本なのですが古さを感じさせません。
    加古里子は天才だね

    0人が参考になったと回答

  • 簡潔なメッセージ
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2016年09月20日

    子供向けの絵本ですが、内容は、この社会をつくるすべての人に今一度考えてもらいたいメッセージが込められています。
    「民主主義」とは、「みんなでいいことを決めること」。
    「多数決」が「民主主義」ではない。
    非常に簡潔な、しかし、「数の論理」がまかり通り「話し合う」ことをやめてしまったかに見える現在の社会の中では忘れてしまいがちな大切なメッセージです。
    今の政治状況を憂えてかの発行と思いきや、初版は1983年。今回売られている物は「復刊」されたものです。1983年当時はどんな社会状況だったんでしょうか・・・
    一度は手にとっていただきたい本とは思いますが、気になった点をひとつふたつ。
    これは私の個人的考えですが、絵本の中で「代議員制」をなんの説明もなく肯定している点には疑問を感じます。(代議員制は別に、民主主義の根幹でもナンデモナイですからね)
    また、メッセージの伝え方もやや唐突。(このあと物語の展開に触れます↓)
    広場の遊び方を巡って子供たちの対立が激化する頂点で、突如登場する小学生の年上のお兄さんが、かのメッセージ「民主主義≠多数決」を発してみんなを諫める、その展開はあまりにも強引☆(ページ数の少ない絵本ならではなのでしょうか)
    絵は、むか〜しのマンガのサザエさんを思い出させるような簡素な絵で、2色刷。道徳の教科書のような雰囲気。少し固い印象を与えるのが難と言えば難。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,728円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      魔女ののろいアメ
      魔女ののろいアメ

      草野 あきこ

      1,296円(税込)

    2. 2
      かみさまにあいたい
      かみさまにあいたい

      当原 珠樹

      1,296円(税込)

    3. 3
      ぼくとニケ
      ぼくとニケ

      片川 優子

      1,512円(税込)

    4. 4
      心ってどこにあるのでしょう?
      心ってどこにあるのでしょう?

      こんの ひとみ

      1,512円(税込)

    5. 5
      もぐらはすごい
      もぐらはすごい

      アヤ井アキコ

      1,620円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ