楽天Kobo初めての方限定!条件達成で300円OFFクーポンプレゼント!
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 法律 > 法律
集団的自衛権の思想史憲法九条と日米安保(選書〈風のビブリオ〉)[篠田英朗]
  • Googleプレビュー

集団的自衛権の思想史 憲法九条と日米安保 (選書〈風のビブリオ〉)
篠田英朗

2,090(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • 集団的自衛権の思想史憲法九条と日米安保(選書〈風のビブリオ〉)[篠田英朗]
  • +
  • ほんとうの憲法戦後日本憲法学批判(ちくま新書)[篠田英朗]
  • 集団的自衛権の思想史 憲法九条と日米安保 (選書〈風のビブリオ〉)
  • 篠田英朗

2,090円(税込)

在庫あり

946円(税込)

在庫あり

合計 3,036円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

平和構築を専門とする著者は、安保法制をめぐる議論の中で「日本国憲法の国際協調主義が瀕死の重傷を負っている」ことを憂慮、日本の憲法学の歴史にその淵源を探りつつ、(集団的)自衛権がわが国でどのように語られてきたかを詳細に追う。

目次(「BOOK」データベースより)

序章 日本の国家体制と安保法制/第1章 自衛権を持っているのは誰なのか?-一九四五年八月革命と憲法学出生の秘密/第2章 憲法九条は絶対平和主義なのか?-一九五一年単独講和と集団的自衛の模索/第3章 日米安保は最低限の自衛なのか?-一九六〇年安保改正と高度経済成長の成功体験/第4章 内閣法制局は何を守っているのか?-一九七二年政府見解と沖縄の体制内部化/第5章 冷戦終焉は何を変えたのか?-一九九一年湾岸戦争のトラウマと同盟の再定義/終章 日本の立憲主義と国際協調主義

著者情報(「BOOK」データベースより)

篠田英朗(シノダヒデアキ)
ロンドン大学(London School of Economics and Political Science)大学院修了(国際関係学Ph.D.)。広島大学平和科学研究センター准教授などをへて、現在、東京外国語大学総合国際学研究院教授。ケンブリッジ大学、コロンビア大学客員研究員を歴任。主要著書に、『「国家主権」という思想ー国際立憲主義への軌跡』(勁草書房、2012年=サントリー学芸賞)、『平和構築と法の支配ー国際平和活動の理論的・機能的分析』(創文社、2003年=大佛次郎論壇賞(韓国語訳版2008年))など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(7件)

総合評価
 4.43

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ