夏の文庫フェア
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 建築学
オスマン朝宮殿の建築史[川本智史]
  • Googleプレビュー

オスマン朝宮殿の建築史
川本 智史

7,260(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2016年08月31日頃
  • 著者/編集:   川本 智史
  • 出版社:   東京大学出版会
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  264p
  • ISBN:  9784130668569

商品説明

内容紹介(出版社より)

近年,イスラーム世界における前近代最大の帝国のひとつであるオスマン朝の重要性が認識されてきたが,統治の中心となった宮殿の建築についてはいまだ不明な点が多い.本書は,限られた当時の旅行記や絵画などの史料を駆使し,宮廷・政治制度と儀礼空間の関係性に着目しながら,宮殿群建築の歴史的変遷の過程を明らかにする.
序 章 帝国・帝都・宮殿
1 本書のねらい
2 歴史的背景
3 オスマン朝の宮殿とイスラーム世界の宮殿
4 本書の課題と構成

第1章 エディルネ旧宮殿の成立
1 エディルネ遷都の時期ーーアナトリアからバルカンへ
2 15世紀以前のアナトリアにおける宮殿建築
3 エディルネ旧宮殿の概要と成立時期
4 エディルネ旧宮殿の空間と謁見儀礼
5 エディルネ旧宮殿の起源をめぐって
6  小 結

第2章 閣議・謁見儀礼の変容とトプカプ宮殿の空間
1 トプカプ宮殿の概観
2 トプカプ宮殿における諸儀礼
3 メフメト2世のトプカプ宮殿と儀礼
4 謁見儀礼の廃止とトプカプ宮殿の発展

第3章 オスマン宮廷の移動
1 西アジアにおける諸王朝の宮廷と移動
2 スルタンの所在地からみた旧都エディルネと新都イスタンブル
3 宮廷と牧地
4 オスマン朝の二つの都と庭園・牧地

第4章 イスタンブル旧宮殿の建設とその機能
1 研究の背景
2 イスタンブル旧宮殿の敷地
3 旧宮殿の建築空間
4 外廷機能の不在
5 内廷の宮殿

第5章 16世紀以降のイスタンブルにおける都市儀礼と宮殿群
1 イスタンブルにおける離宮・庭園の建設
2 ユスキュダル宮殿とダウト・パシャ宮殿
3 新たな儀礼空間としての郊外離宮ーーユスキュダルとダウト・パシャ
4 帯剣式と都市郊外での儀礼
5 離宮・庭園と郊外での儀礼

結 び 
1 本論文の概要
2 オスマン朝の宮殿像再構築と今後の課題

補 論 トルコ建築史・都市史研究史
1 はじめにーー研究紹介の範囲
2 建築史
3 都市史

A History of Ottoman Palatial Architecture

目次(「BOOK」データベースより)

序章 帝国・帝都・宮殿ーオスマン朝の権力と空間/第1章 エディルネ旧宮殿の成立/第2章 閣議・謁見儀礼の変容とトプカプ宮殿の空間/第3章 オスマン宮廷の移動/第4章 イスタンブル旧宮殿の建設とその機能/第5章 一六世紀以降のイスタンブルにおける都市儀礼と宮殿群/結び/補論 トルコ建築史・都市史研究史

著者情報(「BOOK」データベースより)

川本智史(カワモトサトシ)
1981年前橋市生まれ、北海道育ち。2004年東京大学工学部建築学科卒。2013年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。現在、日本学術振契会特別研究員(東京外国語大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ