本
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 法律 > 法律

君は憲法第8章を読んだか
大前 研一

1,620円(税込)送料無料

【消費税率変更】税込価格表記に関するご注意

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

このバナーをご覧の方限定!100円引きクーポン

クーポン獲得はこちら
※税込み3,000円以上購入でご利用可能

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 君は憲法第8章を読んだか 1,458円
紙書籍版 君は憲法第8章を読んだか 1,620円

商品基本情報

  • 発売日:  2016年08月04日
  • 著者/編集:   大前 研一
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  226p
  • ISBNコード:  9784093798860

商品説明

【内容情報】(出版社より)
自民党憲法草案ならますます日本は衰退する

衆参両院で「改憲勢力3分の2以上」が現実となった今、安倍自民党政権は、憲法改正に向けて一歩一歩「前へ」と突き進んでいる。

今の改憲論議では、戦争の放棄を謳う「第9条」や、災害・テロ対策のための「緊急事態条項」などが俎上に載せられている。しかし、それらの議論は、いわば安倍政権と”同じ土俵”で戦おうとすることであり、最後は”力比べ”となってしまう。そうではなく、首相の改憲提案を逆手にとって、憲法で規定された統治機構を改めることこそ「一強」体制を断ち切る効果的な攻め手となるーーこの全く新しい改憲論のカギとなるのが憲法第8章だ。

同章は「地方自治」を謳いながら、結局は中央政府がすべての権限を握り、中央の意向に従う者だけに目こぼしする歪な政治の論拠となっている。しかも、自民党の憲法改正草案はそれをさらに強化するものであり、ますます日本を衰退させてしまうと著者は警鐘を鳴らす。

繁栄の単位としての道州制の導入、生活圏としてのコミュニティの構築など、地方の「自立」を促す憲法を作れーー。「平成維新」の提唱者・大前研一氏が、旧態依然とした「安倍一強」中央集権体制に引導を渡す、初めての本格的改憲論。

【編集担当からのおすすめ情報】
2016年夏の参議院選挙で、いわゆる改憲勢力が3分の2の議席を確保し、いよいよ憲法改正論議が本格化しようとしています。しかし、政界やマスコミで俎上に載せられるのは、「改憲vs護憲」「9条改正は是か非か」といった一面的な議論しかありません。
著者の大前氏は、「平成維新」を掲げた30年前から、憲法を一から書き直す「創憲」を主張してきました。永田町と霞が関がすべての権限を握っている中央集権体制をやめなくてはならない。そのためには全く新しい憲法が必要なのだーー本書は、その独自の憲法改正論を初めて本格的に論じた1冊です。本書を読まずして、実のある改憲論議はできません。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
かつて統治機構改革を訴え、「生活者主権」を掲げた著者が、「安倍一強」体制に引導を渡す。「第9条」でも「緊急事態条項」でもない。「第8章地方自治」改正からこの国を一新する!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 “現状認識”万策尽きたアベノミクス(なぜ選挙で民意は反映されないのか/すべては官邸のシナリオ通り ほか)/第2章 “最大の課題”地方衰退の原因は「憲法」にあり(意味も哲学もない選挙制度/この国が永遠に変われない理由 ほか)/第3章 “海外ケーススタディ”ドイツとイタリアの地方に学ぶ(日本に似た国=ドイツの変貌/16発のエンジンを持つ国家 ほか)/第4章 “改憲の焦点”いま改正すべきは第9条ではない(「不磨の大典」とされた日本国憲法/安保法制強行で改憲がより困難に ほか)/第5章 “大前版憲法草案”「創憲」の気概を持て(“大前版”憲法草案/天皇陛下を「元首」とすべきか ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大前研一(オオマエケンイチ)
1943年福岡県生まれ。72年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。本社ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任し、94年退社。以後、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして幅広く活躍。現在、ビジネス・ブレークスルー(BBT)代表取締役、BBT大学学長などを務め、日本の将来を担う人材の育成に力を注いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(7件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

  • 凡ちゃんの感想
    凡ちゃん5485
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2016年10月23日

    大前研一の著作は約30年前から愛読し新刊は必ず購入してきた
    マッキンゼーコンサルタントの手法による分析、大前氏の論理的な
    解析は他の類書にない秀逸したものであった
    本書も前半部分は優れているが後半は論理に矛盾を感じる。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと8

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール
      大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール

      神崎 メリ

      1,512円(税込)

    2. 2
      世界広布の大道(1(1巻〜5巻))
      世界広布の大道(1(1巻〜5巻))

      聖教新聞社報道局

      300円(税込)

    3. 3
      サードドア
      サードドア

      アレックス バナヤン

      1,944円(税込)

    4. 4
      上級国民/下級国民
      上級国民/下級国民

      橘 玲

      885円(税込)

    5. 5
      和の国の神さま
      和の国の神さま

      桜井識子

      1,728円(税込)

    1. 1
      自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術
      電子書籍自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇…

      吉原珠央

      903円(税込)

    2. 2
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      電子書籍一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      850円(税込)

    3. 3
      大白蓮華 2019年 9月号
      電子書籍大白蓮華 2019年 9月号

      大白蓮華編集部

      185円(税込)

    4. 4
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      513円(税込)

    5. 5
      息子が人を殺しました 加害者家族の真実
      電子書籍息子が人を殺しました 加害者家族の真実

      阿部恭子

      821円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ