長生きしても損する社会[山岡淳一郎]
  • Googleプレビュー

長生きしても報われない社会 在宅医療・介護の真実 (ちくま新書)
山岡 淳一郎

885円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 長生きしても報われない社会 ──在宅医療・介護の真実 756円
紙書籍版 長生きしても報われない社会 885円

商品基本情報

  • 発売日:  2016年09月05日
  • 著者/編集:   山岡 淳一郎
  • レーベル:   ちくま新書
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  256p
  • ISBNコード:  9784480069153

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
長い療養が必要な病気にかかったとして、安静に過ごせる居場所はあるだろうか。「病院から地域へ」という掛け声のもと、地域包括ケアシステム、在宅医療が推奨されているが、その内実は患者をないがしろにするものが多い。そういった環境で、私たちは安心して長生きし、死を迎えることができるのだろうか。在宅医療・介護や看取りの身近な現場から認知症医療、そして地域、自治体、国へと枠を広げながら、日本の医療の問題点とそこに残された可能性を探る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 在宅医療の光と影(「看取る」から「あやめる」の悲劇/なぜ一線を越えてしまうのか ほか)/第2章 亡くなる場所が選べない(「死を待つ家」/「看取り難民」に直面する日本 ほか)/第3章 認知症と共に生きる(地域・家族から見捨てられた人が行き着く先/居心地のよさが落ち着きを生む ほか)/第4章 誰のための地域包括ケアなのか(大都市向けのシステムが地方に/住民による住民のための医療法人 ほか)/第5章 資本に食われる医療(在宅医療はいくらかかるのか?/高額療養費制度という下支え ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山岡淳一郎(ヤマオカジュンイチロウ)
1959年愛媛県生まれ。ノンフィクション作家。東京富士大学客員教授。「人と時代」「21世紀の公と私」を共通テーマに近現代史、政治、医療、建築など分野を越えて旺盛に執筆。時事番組の司会も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

885円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    3. 3
      続 昭和の怪物 七つの謎
      続 昭和の怪物 七つの謎

      保阪 正康

      928円(税込)

    4. 4
      年齢は捨てなさい
      年齢は捨てなさい

      下重暁子

      864円(税込)

    5. 5
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ