世界一子どもを育てやすい国にしよう[出口治明]
  • Googleプレビュー

世界一子どもを育てやすい国にしよう
出口 治明

1,320円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 世界一子どもを育てやすい国にしよう 1,320円
紙書籍版 世界一子どもを育てやすい国にしよう 1,320円

商品基本情報

  • 発売日:  2016年08月04日頃
  • 著者/編集:   出口 治明駒崎 弘樹
  • 出版社:   ウェッジ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  203p
  • ISBNコード:  9784863101685

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「保険料を半分にして子育て世代を応援したい」と、出口さん。 「子育てと仕事の両立なんて当たり前の社会をつくりたい」と、駒崎さん。 年の差30歳のふたりが、子育て安心社会の実現に向けて、縦横無尽に語り合った1冊! 現在日本は、少子化や待機児童、産休、育休、復職など、子育てにまつわる様々な問題を抱えています。
 解決が難しい問題が山積していますが、ほおっておけば国力低下につながるものばかりです。 そこで、ライフネット生命保険の会長である出口さんと、フローレンス代表理事の駒崎さんに「安心して子育てができる社会にするには何が必要か?」をテーマに、社会の仕組みや仕掛けをどう変えるか、働き方をどう変えるか、幼児教育の重要性、この国をどんな国にしていきたいか、などについて語っていただきました。
 また「数字・ファクト・ロジック」を駆使して考えることが非常に重要になるため、図表も多数掲載。 ふたりに共通する思いは、「子育てする人も、そうでない人も、ひとりでも多くの人が幸せに暮らせる社会づくり」に尽きます。
 今、自分にできることは何か、個人や社会が一歩前へ進むきっかけとなる1冊です。

ーー「はじめに」より
僕はもともと少子化問題に興味があり、これまでもさまざまな場面で発信をしてきました。なぜかと言えば、大学を卒業して以来、ずっと生命保険会社に勤めているからです。
生命保険会社は、人に保険を売るのが仕事です。人口が減少すれば、間違いなく生命保険業は衰退します。僕は92年にロンドンに赴任したとき、地元のメディアの取材で「日本の課題は何ですか」と問われて、「一にも二にも人口の減少問題です」と答えた記憶があります。
2006年にライフネット生命を創業したのも、若い世代の所得が低いというファクト(事実)を深刻に受け止め、「保険料を半分にして、安心して赤ちゃんを産み育てる社会をつくりたい」と思ったからでした。加えて歴史が好きなので、歴史的な観点から少子化問題について語ったり、少子化対策に成功したフランスの事例を見るなど、そういった総論をいくらかお話しすることには、やぶさかではありません。
 (中 略)
少子化問題は、どんな人にとっても他人事ではありません。
現在、出産や子育てについて悩んでいる多くの人、子育ての終わった人、これから家族を持とうとする若い人や、子どもを持たない人。すべてのみなさんに本書を手に取っていただき、少子化問題のあり方をより具体的に知ることで、日本の将来を大きく左右するこの問題を、一緒に考えていただけたらと願っています。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ひと世代で世の中は変わる。子どもの問題は必ず解決できる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ヒトが生きてきた歴史に学ぼう(保険料を半分にした理由/近代国家の国境管理が少子化を招く ほか)/第2章 社会の仕掛け、仕組みを変えよう(フランスに学ぶ「シラク3原則」/日本の婚姻形態のおかしさ ほか)/第3章 働き方を変えていこう(ゲームはすでに変わっている/残業が好きなおじさんは成長の敵 ほか)/第4章 教育こそが人間形成につながる(就学前教育が子どもの人生を決める/家庭の子育てに保育園が伴走する ほか)/第5章 年齢フリーのチャイルドファースト社会へ(タバコから子どもを守ろう/子どもの声はうるさいのか? ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
出口治明(デグチハルアキ)
ライフネット生命保険株式会社代表取締役会長。1948年生まれ。京都大学法学部卒業。日本生命保険相互会社に入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2016年6月より現職

駒崎弘樹(コマザキヒロキ)
認定NPO法人フローレンス代表理事。1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。2005年日本初の「共済型・訪問型」病児保育を開始。2008年「Newsweek」の“世界を変える100人の社会起業家”に選出。2010年から待機児童問題解決のため「おうち保育園」開始。のちに小規模認可保育所として政策化。2014年、障害児保育園ヘレンを開園。複数の公務を兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(10件)

総合評価
 3.78

ブックスのレビュー

  • う〜ん。参考にはなったけど。
    ecoco5378
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2018年03月24日

    出口治明氏の他の共著が面白かったし題名に魅かれて購入しました。氏の「本来人間は動物なので、次の世代を育てるのが一番楽しい仕事なんですよ。それが動物の本能であり、存在意義そのものです。」という意見に賛同し私も世界一子どもを育てやすい国にしたいです。女性差別も解消したい。しかし人間の利便性の為にダムを作り原生林を開発し原発も多数あり海を汚して天変地異や自然災害を招き生命を育む環境は疲弊しています。最近中高校生の死亡原因の1位が自殺というニュースもショックです。近隣アジア三国が不穏な中、国土が他国により買収される中、血税を垂れ流しながら国会では週刊誌ネタを先生方が延々とやっています。公僕として国民の生命と財産を守って欲しいです。安心して子供を産むのは現状大変難しいです。産んで良かったのかこの先不安でもあります。いろいろ参考になる話は多く読みやすいです。しかし、本書での提言は身を切る改革で既に実施されているのではとも思いました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      嫌われる勇気
      嫌われる勇気

      岸見一郎

      1,650円(税込)

    2. 2
      会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方
      会計クイズを解くだけで財務3表がわかる …

      大手町のランダムウォーカー

      1,540円(税込)

    3. 3
      漫画 バビロン大富豪の教え
      漫画 バビロン大富豪の教え

      ジョージ・S・クレイソン

      1,782円(税込)

    4. 4
      2019-2020年版 みんなが欲しかった! FPの教科書3級
      2019-2020年版 みんなが欲しかった! F…

      滝澤 ななみ

      1,760円(税込)

    5. 5
      スッキリわかる 日商簿記3級 第11版
      スッキリわかる 日商簿記3級 第11版

      滝澤 ななみ

      1,100円(税込)

    1. 1
      FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
      電子書籍FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思…

      ハンス・ロスリング

      1,980円(税込)

    2. 2
      「新型コロナ恐慌」後の世界
      電子書籍「新型コロナ恐慌」後の世界

      渡邉哲也

      1,485円(税込)

    3. 3
      漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則
      電子書籍漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と…

      ジョージ・S・クレイソン

      1,782円(税込)

    4. 4
      1%の努力
      電子書籍1%の努力

      ひろゆき

      1,485円(税込)

    5. 5
      見るだけで勝手に記憶力がよくなるドリル
      電子書籍見るだけで勝手に記憶力がよくなるドリル

      池田義博

      1,243円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ