夏の文庫フェア
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 歴史 > 世界史
教養としての「世界史」の読み方[本村凌二]
  • Googleプレビュー

教養としての「世界史」の読み方
本村凌二

1,980(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2016年12月16日頃
  • 著者/編集:   本村凌二
  • 出版社:   PHP研究所
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  301p
  • ISBN:  9784569831947

商品説明

内容紹介

歴史は「人類の経験」の集大成。現代を読み解くヒントは、世界史に隠されている。グローバル時代に必須の「教養の歴史」を解説する。

内容紹介(出版社より)

歴史は「人類の経験」の集大成。現代を読み解くヒントは、世界史の中にある。グローバル時代に必須の「教養世界史」の読み方を解説。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

古代ローマ史研究の第一人者による、はじめての世界史講義。

目次(「BOOK」データベースより)

序章 「歴史に学ぶ」とは何か?-愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ/第1章 文明はなぜ大河の畔から発祥したのかー文明の発達から都市国家と民主政の誕生まで/第2章 ローマとの比較で見えてくる世界ーローマはなぜ興隆し、そして滅びたのか/第3章 世界では同じことが「同時」に起こるー漢帝国とローマ帝国、孔子と釈迦/第4章 なぜ人は大移動するのかーゲルマン民族、モンゴル帝国、大航海時代から難民問題まで/第5章 宗教を抜きに歴史は語れないー一神教はなぜ生まれたのか/第6章 共和政から日本と西洋の違いがわかるーなぜローマは「共和政」を目指したのか/第7章 すべての歴史は「現代史」であるー「今」を知るために歴史を学ぶ

著者情報(「BOOK」データベースより)

本村凌二(モトムラリョウジ)
早稲田大学国際教養学部特任教授、東京大学名誉教授。博士(文学)。1947年、熊本県に生まれる。1973年、一橋大学社会学部卒業。1980年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東京大学教養学部教授、同大学院総合文化研究科教授を経て、現職。専門は古代ローマ史。『薄闇のローマ世界』でサントリー学芸賞、『馬の世界史』でJRA賞馬事文化賞、一連の業績にて地中海学会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(41件)

総合評価
 3.57

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと4

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ