通貨の日本史[高木久史]
  • Googleプレビュー

通貨の日本史 無文銀銭、富本銭から電子マネーまで (中公新書)
高木久史

907円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 通貨の日本史 無文銀銭、富本銭から電子マネーまで 907円
紙書籍版 通貨の日本史 907円

商品基本情報

  • 発売日:  2016年08月
  • 著者/編集:   高木久史
  • レーベル:   中公新書
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  258p
  • ISBNコード:  9784121023896

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
都の建設のため国産銭が作られた古代、中国からの輸入銭に頼った中世、石見銀山の「シルバーラッシュ」が世界経済をも動かした戦国時代、財政難に苦しめられた江戸の改革者たち、帝国日本の通貨政策…。無文銀銭が登場した7世紀から現在まで、通貨をめぐる歴史はエピソードに事欠かない。通貨政策に大きな影響を与えてきた庶民の事情にも着目しながら、その歩みをたどる。今も昔も私たちを悩ませる、お金をめぐる通史。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 銭の登場ー古代〜中世(都の建設のために/外国銭の奔流、国産銭の復活)/第2章 三貨制度の形成ー戦国〜江戸前期(シルバーラッシュの中の信長・秀吉/江戸開幕、通貨の「天下統一」)/第3章 江戸の財政再建と通貨政策ー江戸中期〜後期(改革政治家たちの悪戦苦闘/開港前夜の経済成長と小額通貨)/第4章 円の時代へー幕末維新〜現代(通貨近代化の試行錯誤/帝国の通貨と戦後)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
高木久史(タカギヒサシ)
1973年、大阪府生まれ。96年、神戸大学文学部卒業。神戸大学大学院文学研究科、同大学院文化学研究科を経て、2000年、織田町歴史資料館(05年、越前町織田文化歴史館と改称)学芸員。05年、博士(学術、神戸大学)。08年、安田女子大学文学部講師、14年より同准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(17件)

総合評価
 4.21

ブックスのレビュー

  • 個人の視点からのお金の歴史
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年04月22日

    お金に関する歴史に興味があるので、手にとった書籍であるが、いわゆる経済史では、金融制度や、当局の視点からの貨幣の制度が取り扱われているのに対して、本書は、貨幣を使う個人の視点から記述されていると書かれているのに興味を引かれた。今では、電子マネーの普及で、1円玉を使うことは少なくなったが、前回の東京五輪までの昭和30年代の高度成長期では、1円玉が足りなくて、100円の商品を1円玉なら50枚で売ったという話が非常におもしろかった。

    0人が参考になったと回答

  • 身近で面白いお金の本
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2016年12月03日

    お金の制度史だけで無く、古代から現代までの庶民の歴史に即したお金の話題が掲載されていて興味深く読むことが出来た。

    0人が参考になったと回答

  • 学校で習わない日本史
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年08月27日

    経済について非常に疎い人間ですが(専門用語は読み飛ばす勢い)、かつて習ってきた政治史(?)を思い出しながら読むと面白かったです。為政者から庶民レベルの事情まで解説されていて、「あの歴史上の有名人もお金の遣り繰りに苦労したのか」と新鮮な気持ちになりました( ´∀`)
    私たちが当たり前に使っているコインやお札が、どういう経緯で日本の社会に登場し、変化しながら定着していったのか。外国との関わりにも触れながら、どこか軽快さを感じさせる筆致で教えてくれる一冊です。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

907円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      論語と算盤
      論語と算盤

      渋沢栄一

      885円(税込)

    3. 3
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    4. 4
      お金の流れで読む 日本と世界の未来
      お金の流れで読む 日本と世界の未来

      ジム・ロジャーズ

      993円(税込)

    5. 5
      死にゆく人の心に寄りそう
      死にゆく人の心に寄りそう

      玉置妙憂

      820円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ