リカバリー・カバヒコ
本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・あ行

日本の近代 猪瀬直樹著作集6 土地の神話
関川 夏央

1,430(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

日本人が目指したライフスタイルのルーツとは

都心に勤めるサラリーマンにとって、東急沿線の住宅地、とりわけ田園調布に一戸建てを持つ、というのが一つのステイタスだが、内実は、満員電車での苦痛な通勤でしかない。そもそものルーツはかの渋沢栄一の息子・秀雄がイギリスのガーデンシティーに魅せられて構想を立てた田園都市計画。しかしこの構想は、五島慶多を始めとする野心あふれる実業家によって欲望に満ちた不動産業へと変貌する。大学の誘致、住宅地と鉄道敷設を一体にした開発、在来私鉄の買収劇など東急王国はみるみる増殖、ロマンあふれる構想はもろくも挫折した。関東大震災後、東京という街がいかにして出来上がっていたかを検証する『ミカドの肖像』の続編ともいえる近代日本論。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

『ミカドの肖像』の主役・堤康次郎のライヴァル、五島慶太がデザインした欲望の構図とは。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 田園都市という名のユートピア/第2章 不動産業の原型をつくった男/第3章 理想と現実のコントラスト/終章 聖なる森の物語

著者情報(「BOOK」データベースより)

猪瀬直樹(イノセナオキ)
1946年長野生まれ。『ミカドの肖像』で87年第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。『日本国の研究』で96年度文芸春秋読者賞受賞。既成の常識に捉われないユニークな視点でつぎつぎと作品を発表、『ペルソナ三島由紀夫伝』『マガジン青春譜川端康成と大宅壮一』『ピカレスク太宰治伝』の作家評伝三部作が話題に。作家活動のほかにメールマガジン「日本国の研究・不安との訣別/再生のカルテ」の編集長。行革断行評議会委員として特殊法人等の民営化に取り組む。政府税制調査会委員、日本ペンクラブ言論表現委員長、国際日本文化研究センター客員教授、東京大学客員教授など幅広い領域で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 4.00

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      成瀬は天下を取りにいく
      成瀬は天下を取りにいく

      宮島 未奈

      1,705円(税込)

    2. 2
      小説 葬送のフリーレン
      小説 葬送のフリーレン

      八目 迷

      880円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】赤と青のガウン
      【入荷予約】赤と青のガウン

      彬子女王

      1,320円(税込)

    4. 4
      成瀬は信じた道をいく
      成瀬は信じた道をいく

      宮島 未奈

      1,760円(税込)

    5. 5
      天官賜福 3
      天官賜福 3

      墨香銅臭

      2,255円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ