精神病院のない社会をめざして[ミケーレ・ザネッティ]
  • Googleプレビュー

精神病院のない社会をめざして バザーリア伝
ミケーレ・ザネッティ

2,970(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
訳者:鈴木鉄忠、大内紀彦

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • みんなに読んで欲しい
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年09月20日

    この本によると、イタリア人精神科医のフランコ・バザーリアは、1960年代に開始した精神医療改革で、イタリアにある精神病院をすべて閉鎖しました。
    「訳者あとがき」には、日本は先進国のなかで圧倒的に精神病院が多いと書いてありますが、そうした国に住む私たちには、「精神病院のない社会」を想像することは、簡単ではありません。
    (正確にはバザーリアは、閉鎖病棟のある精神病院をなくしたのです。)
    でも、イタリアにしたって、バザーリアが改革を始める以前は、日本のように精神病院がたくさんあったのです。
    それでは、バザーリアはなぜ精神病院を無くそうと考えるようになったのでしょう。 精神病院を減らすのではなく、なぜ全ての精神病院を無くさなければならなかったのでしょうか。
    そして、精神病院を無くそうと考えてから、どのようなプロセスを経て、バザーリアは改革を成し遂げたのでしょう。
    本文によると、バザーリアは、まず病院の窓の鉄格子を取り去り、拘束衣の使用を禁止し、白衣を廃止しました。
    次に医師や看護師、そして患者たちが同じ場で対話をする、アッセンブレアという自治集会も始めました。
    そして、地域のなかで、患者たちが生活をするための設備を準備しながら、180合法をという法律を通過させて、精神病院を廃止したのです。
    精神病院だらけの日本は、本当にこのままでいいのでしょうか。
    日本はどのような社会にならなければならないのか。
    すぐに何かを変えられなくても、イタリアの例を参照して、日本のどこを変えてゆかなければならないのか、考えてみなければならないと思いました。
    日本社会の将来の姿をもう一度じっくり考えてみるために、
    この本はオススメです!

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】火曜ドラマ おカネの切れ目が恋のはじまり シナリオブック(1)
      【入荷予約】火曜ドラマ おカネの切れ目…

      大島 里美

      1,650円(税込)

    2. 2
      羽生結弦の言葉
      羽生結弦の言葉

      1,540円(税込)

    3. 3
      その言い方は「失礼」です!
      その言い方は「失礼」です!

      吉原 珠央

      924円(税込)

    4. 4
      子育てベスト100
      子育てベスト100

      加藤 紀子

      1,650円(税込)

    5. 5
      売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ
      売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ

      高木 瑞穂

      750円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ