藝術としての哲学[高橋陽一郎]
  • Googleプレビュー

藝術としての哲学 ショーペンハウアー哲学における矛盾の意味
高橋陽一郎

3,996円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年09月24日頃
  • 著者/編集:   高橋陽一郎
  • 出版社:   晃洋書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  247,
  • ISBNコード:  9784771027565

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
哲学とは何かーこの問いに対し、「学問」以上に「藝術」という答えを強調したショーペンハウアー。自らの哲学も藝術であろうとし、これによって人々に慰めを与えようとした。カント、フィヒテ、シェリングらをショーペンハウアーの先蹤者と捉えることによって、学問性を極端に強調されたドイツ観念論に新しい系譜を引く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 『意志と表象としての世界』の成立(藝術としての哲学ー「よりよい意識」からのショーペンハウアー哲学の誕生/フィヒテ『一八一二年の知識学』とショーペンハウアー)/第2部 ショーペンハウアー意志論の整合的理解(『根拠律』第一版(一八一三年)における「意志」概念ー観念論的・主観的考察の成果/『意志と表象としての世界』における「意志」概念ー類比の成果/後期の「意志」概念ー観念論的・主観的考察の深化と実在論的・客観的考察の採用)/第3部 整合的理解を超えて(ショーペンハウアーにおける矛盾の積極的意味ーショーペンハウアーを矛盾なく読むために、そして再び矛盾あるものとして読むために)/結論と新たな問題への展望/ショーペンハウアーのイデー論

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
高橋陽一郎(タカハシヨウイチロウ)
1966年生まれ。日本大学大学院哲学専攻博士後期課程満期退学。同大学専任講師、准教授を経て、日本大学文理学部教授。専門は美学、ドイツ観念論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,996円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      神仏のなみだ
      神仏のなみだ

      桜井識子

      1,728円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」
      【入荷予約】友情 平尾誠二と山中伸弥「…

      山中 伸弥

      1,404円(税込)

    3. 3
      女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
      女の子が生きていくときに、覚えていてほ…

      西原 理恵子

      1,188円(税込)

    4. 4
      夫の後始末
      夫の後始末

      曽野 綾子

      1,000円(税込)

    5. 5
      【予約】島抜けの女 鎌倉河岸捕物控(三十一の巻)
      【予約】島抜けの女 鎌倉河岸捕物控(三…

      佐伯泰英

      745円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ