資格・検定本フェア2022
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > 料理 > 和食・おかず

一汁一菜でよいという提案
土井善晴

1,650(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2016年10月
  • 著者/編集:   土井善晴
  • 出版社:   グラフィック社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  190p
  • ISBN:  9784766129540

よく一緒に購入されている商品

  • 一汁一菜でよいという提案[土井善晴]
  • +
  • 土井家の「一生もん」2品献立(講談社のお料理BOOK)[土井善晴]
  • 一汁一菜でよいという提案
  • 土井善晴

1,650円(税込)

在庫あり

1,650円(税込)

在庫あり

合計 3,300円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

食事はすべてのはじまり。大切なことは、一日一日、自分自身の心の置き場、心地よい場所に帰ってくる暮らしのリズムをつくること。その柱となるのが、一汁一菜という食事のスタイル。合理的な米の扱いと炊き方、具だくさんの味噌汁。

目次(「BOOK」データベースより)

今、なぜ一汁一菜か/暮らしの寸法/毎日の食事/一汁一菜の実践/作る人と食べる人/おいしさの原点/和食を初期化する/一汁一菜からはじまる楽しみ

著者情報(「BOOK」データベースより)

土井善晴(ドイヨシハル)
料理研究家/1957年、大阪生まれ。スイス、フランスでフランス料理を学び、帰国後、大阪「味吉兆」で日本料理を修業。土井勝料理学校講師を経て1992年に「おいしいもの研究所」を設立。変化する食文化と周辺を考察し、命を作る仕事である家庭料理の本質と、持続可能な日本らしい食をメディアを通して提案する。元早稲田大学非常勤講師、学習院女子大学講師。1988年〜「おかずのクッキング」(テレビ朝日系)レギュラー講師、1987年〜「きょうの料理」(Eテレ)講師。暮らしの雑誌の連載、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(179件)

総合評価
 4.06

ブックスのレビュー(22件)

  • (無題)
    ぶなぴー
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年11月07日

    最近、おかずは一つで十分なんじゃないかと思っていたところでしたので、この本がいっている一汁一菜の提案は、とてもすんなり受け入れられました。この本を読んでからは、毎日一つだけ作れば良いという気持ちになり、気軽に夕飯を考えられるようになったし、体の調子も良い気がします。

    8人が参考になったと回答

  • 今の自分にぴったりの本でした
    ぶんぶん4576
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年02月24日

    トマトが入ったお味噌の写真に、何を入れてもいいんだ〜と気が楽になりました。
    25年間ごはんを作ってきましたが料理は得意な方で好きではありますがレシピに悩むことはしばしば、得意分野ゆえに頑張らねばと力も入り疲れていたのかも知れません。
    土井さんは毎回美味しい必要はないといったことを書いておられましたが、そのくだりでも家族の優しさを感じました。
    実際に残り物や季節のものを入れた味噌汁、家族は今まで作っていた味噌汁より美味しいとどれも喜んで食べてくれます。
    一汁一菜が基本になってからはレシピに悩むこともなく、余力が出来るので時々美味しいものを喜んで作れるようになりました。
    たくさんのヒントがちりばめられている本ですが読む人やタイミングによって得るものは様々になりそうな本でした。

    7人が参考になったと回答

  • 料理人が著者であることがすごい
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年03月14日

    素晴らしい本です。これはレシピ本ではありません。
    レシピをたくさん紹介する料理人が、まさか一汁一菜の本を出すとは…
    さすが土井さんです。料理そして日本を愛するこそ、古くから大切にされてきた味噌汁を、あえて考えさせるところが心に染みます。
    体調不良もあり、色々な健康の本を読みましたが、これはダメ、あれを食べればいい、など、どこかしっくりきませんでした。
    この本は、禁止も強制もせず、自由でいいんだよ、と心を緩めてくれます。
    最近のレシピは、簡単なようでどこか私達を疲れさせます。美味しそうにみせる、凝っている方が偉い、SNSのため、などなど。
    (そんな私もレシピ本大好きですが笑)
    こんな考え方の料理人が増えたら、もっと食材を大切にする人が増えると思います。
    ただ…
    旦那は一汁一菜は納得しません。洋食(肉食)で育った人には理解が難しいかも。物足りないそうで、とにかく肉を食べさせてくれ、と言ってくるので、とりあえず肉をおかずに、味噌汁は意識して作ることにしました。今はとにかくホッとしてほしいです。
    土井さんが日常作っている、飾ることのない味噌汁の写真が載っているのが嬉しかったです。
    感謝を伝えたいです。

    5人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:美容・暮らし・健康・料理

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ