動物たちの気になる行動(1(食う・住む・生きる篇))
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 動物学

動物たちの気になる行動(1(食う・住む・生きる篇)) (ポピュラ-・サイエンス)
上田恵介

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は雑誌『遺伝』で一九九九年一月号から二〇〇一年いっぱいまで、「動物たちの気になる行動」と題して、三年間三〇回にわたり連載したものが元になっている。動物行動学の若手・中堅研究者の手になるこの連載は、それぞれの研究者が対象としている動物の行動がどういう意味をもっているのかに加え、その行動を研究するにはどんな工夫や苦労があるのかが語られている点で、これまでの動物行動学の読み物とはちょっと違った本に仕上がっている。

【目次】(「BOOK」データベースより)
対談「ローレンツを超えて-動物行動学の過去、現在、そして未来」/ヤドカリの引っ越し作戦/「私のお家にどこだっかな?」-ヒザラガイの道しるべは何?/クモはどのようにして餌を捕らえるか?/アリの喧嘩の謎にせまる-どうやって巣仲間を見分けるのか/蜜を“盗む”ハチ-マルハナバチの盗蜜行動/目玉模様の秘密/海底を疾走するウニ-ブンブクウニの忘れ去られた適応戦略/シマヘビのあの手この手の餌捕り法/鳴きまね探し目のつけどころ耳のつけどころ〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
上田恵介(ウエダケイスケ)
1950年大阪府枚方市に生まれる。大阪府立大学農学部で昆虫学を学ぶ。修士課程修了後、京都大学農学部昆虫学研究室を経て、大阪市立大学理学部博士課程に進み、セッカの一夫多妻制の研究。理学博士。三重大学教育学部非常勤講師を経て、現在、立教大学理学部教授、専門は鳥の行動生態学、動物行動学、進化生物学

佐倉統(サクラオサム)
1960年東京都世田谷区に生まれる。東京大学文学部心理学科で動物行動学を学び、京都大学大学院理学研究科に進学。同大学霊長類研究所でニホンザルやチンパンジーの社会行動・道具使用行動などを研究。1992年、理学博士。大学院修了後は生物学史や科学技術論に専門をうつし、三菱化成生命科学研究所、横浜国立大学経営学部、フライブルク大学情報社会研究所を経て、現在、東京大学大学院情報学環助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,728円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      宇宙がまるごとわかる本
      電子書籍宇宙がまるごとわかる本

      225円(税込)

    2. 2
      自分の才能の見つけ方
      電子書籍自分の才能の見つけ方

      本田健

      1,404円(税込)

    3. 3
      がん外科医の本音
      電子書籍がん外科医の本音

      中山 祐次郎

      918円(税込)

    4. 4
      症状・疾患別にみる漢方治療指針
      電子書籍症状・疾患別にみる漢方治療指針

      幸井 俊高

      10,584円(税込)

    5. 5
      脳卒中治療ガイドライン2015[追補2017対応]
      電子書籍脳卒中治療ガイドライン2015[追補2017対応]

      日本脳卒中学会 脳卒中ガイドライン委員会

      4,903円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ