現在地
トップ >  > 新書 > ホビー・スポーツ・美術
間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに(コア新書)[ロマン優光]
  • Googleプレビュー

間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに (コア新書)
ロマン優光

865(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
サブカルほど、意味がわからないものはない。そして、そんなサブカルについて語る人はさらに意味不明。いちジャンルなのか?バカにした言葉なのか?ひとによってサブカルの意味がバラバラなのに、サブカル議論なんて成立するわけがない。そこでここらで一旦サブカルの意味を再定義しよう、というのが本書の狙いである。正しいサブカルの認識を持てば、サブカルおじさんがバカに見えてくる。これが新世代「サブカルのススメ」だ!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 幻想のサブカル地図ーみうらじゅんはサブカルなのか/第2章 中森明夫と宮崎勤の“罪と罰”/第3章 そのサブカル、間違ってます!/第4章 カリスマはいなくなった/第5章 サブカルと女性/第6章 サブカルおじさんの害ー町山智浩をサンプルに考える/第7章 なぜサブカルは自分はオタクだと言いたがるのか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ロマン優光(ロマンユウコウ)
1972年高知県生まれ。早稲田大学第一文学部中退。ソロパンクユニット「プンクボイ」で音楽デビューしたのち、友人であった掟ポルシェとともに、ニューウェイヴバンド「ロマンポルシェ。」を結成。ディレイ担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(14件)

総合評価
 3.0

ブックスのレビュー

  • 文化への愛情を感じる
    NAUSEA
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年07月01日

    多方面に毒づき、罵り倒しているようにも感じる方はそれなりにいるのではないかと思うのですが、個人的には滲み出るサブカルチャーへの造詣と愛情を感じる箇所がいくつかあり、かなりの刺激を受ける事は間違いないでしょう。筆者の他の著書もあわせて読み進めてみてはいかがでしょうか。

    0人が参考になったと回答

  • おもしろいです
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年02月25日

    サブカルの定義を再考察する試み?
    出版後にたった波風も含めて楽しめる一冊だと思います

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】天使たちの課外活動8
      【予約】天使たちの課外活動8

      茅田 砂胡

      1,100円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】在宅ひとり死のススメ
      【入荷予約】在宅ひとり死のススメ

      上野 千鶴子

      880円(税込)

    3. 3
      ジャックジャンヌ -夏劇ー
      ジャックジャンヌ -夏劇ー

      石田 スイ

      946円(税込)

    4. 4
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    5. 5
      人新世の「資本論」
      人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ