清原和博への告白甲子園13本塁打の真実[鈴木忠平]
  • Googleプレビュー

清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実
鈴木 忠平

1,430円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品基本情報

  • 発売日:  2016年12月15日頃
  • 著者/編集:   鈴木 忠平
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  192p
  • ISBNコード:  9784163905785

よく一緒に購入されている商品

  • 清原和博への告白甲子園13本塁打の真実[鈴木忠平]
  • +
  • 清原和博告白[清原和博]
  • 清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実
  • 鈴木 忠平

1,430円(税込)

在庫あり

1,760円(税込)

在庫あり

合計 3,190円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
PL学園時代の清原和博が甲子園で放った通算13本塁打は、今後破られることがないであろう不滅の記録だろう。この13本は、ただの記録として残っているわけではない。甲子園の怪物に出会い、打たれた球児たちは、あの瞬間の”記憶”とともに、その後の歳月を歩んできたーー。
今年6月、清原和博は覚せい剤取締り法違反で有罪が確定した。甲子園歴史館からは清原和博の痕跡が消え、踏み入れてはいけない領域に手を染めてしまったヒーローの名前は世間の表舞台から消えていった。そんな中、甲子園で13本塁打を浴びたライバル全員が、30年以上の時を経て、あえて今、静かに口を開いた。これは、18歳の清原と49歳の清原への、打たれた者たちからの”30年越しの告白”である。13本のホームランが生んだ真実が、ここに蘇る。

【甲子園の怪物に敗れた男たちの”30年越しの告白”】

「あの決勝戦までフォークが落ちなかったことはなかった。
今、思えば、打たれる運命だったとしか思えない」
(横浜商 投手 三浦将明)

「ケタが違いましたよね。打球の速さも、飛距離も。
あれだけのものを見せられたら……」
(砂川北 投手 辰橋英男)

「ピッチャーライナーだと思ったんですよ。でも、その打球が
バックスクリーンを直撃しえいた。後にも先にも、あんなの初めてです」
(京都西 投手 真鍋知尚)

「甲子園にいい打者が出てくるたびに見にいきました。
でも、清原以上の打者はいなかった。最初は打たれたことの
恥ずかしさもあった。でも、今は私の人生の中の大事なものです」
(京都西 投手 関貴博)

「錯覚なのかもわからないのですが、打った瞬間、バットの上にボールが
乗っている感じがしたんです。すごく、ゆっくりというか。
そういう感覚になったのは初めてでした」
(享栄 投手 稲葉太)

「右中間にホームランを打つ姿を見ると
『これが清原だよな』って思えました。それがうれしかった」
(享栄 投手 村田忍)

「なんでですかね。打たれた場面なのに、清原のホームランだけは見たいと思った
むしろ、一番見たくなかったのは歩かせたシーンなんです」
(浜松商 投手 浜崎淳)

「あいつ、笑っていたんですよ。『あそこまで飛ばすんか?』って
言っているようでした。あの顔を見て、あいつも悔いはないということがわかりました。相手が清原で、すべてをぶつけることができましたから」
(高知商 捕手 岡村英人)

「甲子園で清原に会っていなかったら、高校を卒業して野球を辞めていました。
事故の後も野球を続けていなかったと思います。ホント、感謝しとるんです」
(甲西 投手 金岡康宏)

「清原と対戦できたというのは、僕のような投手にとって宝なんですよ
頭の先からつま先まで震える体験というのは、人生であの時だけですから」
(宇部商 投手 古谷友宏)

「あの決勝は一生、引きずっていく。悔いが消えることはないです。
振り返ると、僕はずっと清原を見てきたんだなあ、と思います。
30年経っても、そういう気持ちにさせてくれるのは、あいつしかいない」
(宇部商 投手 田上昌徳)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
敗れた11人の男たちの“30年越しの告白”。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 空白の一球(1983年夏 決勝 横浜商0-3PL学園)/2 封印された記憶(1984年春 1回戦 砂川北7-18PL学園)/3 心の傷(1984年春 2回戦 京都西1-10PL学園)/4 怪物に挑んだ絆(1984年夏 1回戦 PL学園14-1享栄)/5 痛みのないホームラン(1985年春 1回戦 浜松商1-11PL学園)/6 最後のバッテリー(1985年夏 準々決勝 高知商3-6PL学園)/7 離さなかった白球(1985年夏 準決勝 甲西2-15PL学園)/8 伝説の裏で分かれた明暗(1985年夏 決勝 宇部商3-4PL学園)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鈴木忠平(スズキタダヒラ)
1977年、千葉県生まれ。日刊スポーツ新聞社に入社後、落合監督時代の中日ドラゴンズ、和田監督時代の阪神タイガースを中心にプロ野球記者を16年間経験した。2016年4月に独立し、Number編集部に所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(24件)

総合評価
 4.59

ブックスのレビュー

  • 上質のノンフィクション
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年04月18日

    甲子園で通算13本の本塁打を放った、PL学園の清原和博。打たれた11人の元投手に話を聞き、1冊にまとめた。どの投手の心の中にも生きている清原への情。覚せい剤で逮捕された後に企画されたノンフィクションだが、清原を美化することなく、しかし、清々しい内容に出来上がっている。野球を扱った作品は多いし、過去の最高傑作は山際淳司氏の「江夏の21球」だろうが、本作は別の意味で肩を並べる上質なノンフィクションと言っていい。「知らない番号から電話が架かってきた。本書の主人公からだった。彼は泣いていた」。鈴木忠平氏自らが、中日新聞に書いていた記事を読んで購入したが、良い本に巡り合えた。感謝。

    1人が参考になったと回答

  • 初購入
    hiroki7776
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年01月09日

    この後に出た告白を購入し読み終わった後にこの商品があったのを知り購入しました。内容も取材をもとに構成されており登場人物の実際の言葉が載っていたので分かりやすく一気に読めました。

    0人が参考になったと回答

  • 清原は凄かった
    たひの
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年04月04日

    とても良い内容でした。
    高校時代の清原の凄さが、改めて理解出来ました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,430円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ