犯罪社会学研究41号[日本犯罪社会学会]
  • Googleプレビュー

犯罪社会学研究41号
日本犯罪社会学会

3,348円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年11月07日
  • 著者/編集:   日本犯罪社会学会
  • 出版社:   現代人文社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  136p
  • ISBNコード:  9784877986537

商品説明

【内容情報】(出版社より)
課題研究:犯罪社会学におけるリスク社会論の意義
1. 課題研究 犯罪社会学におけるリスク社会論の意義

はしがき──犯罪社会学におけるリスク社会論の意義── 石塚伸一

リスク回避する若年層,危険回避する高齢層
──一般刑法犯検挙人員の動向が意味するもの── 土井隆義

ポスト・リスクモデルの犯罪者処遇へ?
──新自由主義・レジリエンス・責任化── 平井秀幸

近年の刑事司法と福祉の連携にみるリスクとセキュリティ
──福祉機関が「司法化」するメカニズム── 水藤昌彦

「児童福祉から児童保護へ」の陥穽
──ネオリベラルなリスク社会と児童虐待問題── 上野加代子

2. 研究ノート

地域防犯事業が体感治安と犯罪不安に及ぼす効果の研究
──千葉県コンビニ防犯ボックスモデル事業を事例として── 山本 功 島田貴仁

高齢者犯罪に関する研究動向 古川隆司

地理的犯罪分析の新動向
──「移動中の犯罪」と「オープンデータ・オープンソース」── 原田 豊

治療と司法
──世界に広がる治療的司法論とその実践── 指宿 信


書評 丸山泰弘 著 『刑事司法における薬物依存治療プログラムの意義
─「回復」をめぐる権利と義務』 染田 惠

伊藤茂樹 著 『「子どもの自殺」の社会学』 高原正興

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 課題研究 犯罪社会学におけるリスク社会論の意義(はしがきー犯罪社会学におけるリスク社会論の意義/リスク回避する若年層、危険回避する高齢層ー一般刑法犯検挙人員の動向が意味するもの ほか)/2 研究ノート(地域防犯事業が体感治安と犯罪不安に及ぼす効果の研究ー千葉県コンビニ防犯ボックスモデル事業を事例として)/犯罪研究動向(高齢者犯罪に関する研究動向/地理的犯罪分析の新動向ー「移動中の犯罪」と「オープンデータ・オープンソース」 ほか)/書評(丸山泰弘著『刑事司法における薬物依存治療プログラムの意義ー「回復」をめぐる権利と義務』/伊藤茂樹著『「子どもの自殺」の社会学』)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

3,348円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      漫画 君たちはどう生きるか
      漫画 君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      1,404円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】おらおらでひとりいぐも
      【入荷予約】おらおらでひとりいぐも

      若竹 千佐子

      1,296円(税込)

    3. 3
      君たちはどう生きるか
      君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      1,404円(税込)

    4. 4
      【予約】青年部体験談特集 RUN IT!
      【予約】青年部体験談特集 RUN IT!

      創価学会青年部「RUN IT!」製作委員会

      300円(税込)

    5. 5
      棲月
      棲月

      今野 敏

      1,728円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ