永続敗戦論戦後日本の核心[白井聡]
  • Googleプレビュー

永続敗戦論 戦後日本の核心 (講談社+α文庫)
白井 聡

842円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年11月18日
  • 著者/編集:   白井 聡
  • レーベル:   講談社+α文庫
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  296p
  • ISBNコード:  9784062816519

商品説明

【内容情報】(出版社より)
米国に対する敗戦を骨の髄まで内面化する対米無限従属と、一方でアジアに対する敗戦否認。
戦後から内在し、今日顕在化してきた現代日本のねじれた姿を「永続敗戦レジーム」と喝破し、各界に衝撃を与えた注目書、待望の文庫化。

解説・進藤榮一

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「永続敗戦」。それは敗戦後、「平和と繁栄」の物語のもとで連綿と続き、その物語が失われようとするいま、露になってきた戦後日本体制のグロテスクな姿。それは、米国に対する敗戦を骨の髄まで内面化する対米無限従属と、一方でアジアに対する敗戦否認として表れる。負けを正面から認めないがゆえに、さらなる敗戦を招く。現政権下でさらに進む「永続敗戦レジーム」を解く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「戦後」の終わり(「私らは侮辱のなかに生きている」-ポスト三・一一の経験/「戦後」の終わり/永続敗戦)/第2章 「戦後の終わり」を告げるものー対外関係の諸問題(領土問題の本質/北朝鮮問題に見る永続敗戦)/第3章 戦後の「国体」としての永続敗戦(アメリカの影/何が勝利してきたのか)/エピローグー三つの光景

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
白井聡(シライサトシ)
1977年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位修得退学。博士(社会学)。専攻は政治学・社会思想。日本学術振興会特別研究員等を経て、京都精華大学人文学部専任講師。『永続敗戦論ー戦後日本の核心』(太田出版)で第4回いける本大賞、第35回石橋湛山賞、第12回角川財団学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(5件)

総合評価
 4.2

ブックスのレビュー

  • 永続敗戦論大変面白い
    ゆみっぺ8286
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2018年09月05日

    夫から勧められて購入し読んでみました。歴史的背景の分析と男とうなずけるものがたくさんありました。大変興味深く拝見しました。地元の本屋ではなかなか手に入らずネット通販のありがたみを感じました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

842円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      かげろう日記
      かげろう日記

      吉村達也

      610円(税込)

    2. 2
      春淡し
      春淡し

      佐伯泰英

      648円(税込)

    3. 3
      罪の声
      罪の声

      塩田 武士

      993円(税込)

    4. 4
      三鬼 三島屋変調百物語四之続
      三鬼 三島屋変調百物語四之続

      宮部 みゆき

      1,036円(税込)

    5. 5
      行きたくない
      行きたくない

      加藤 シゲアキ

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ