本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
芝公園六角堂跡[西村賢太]
  • Googleプレビュー

芝公園六角堂跡
西村 賢太

1,620円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 芝公園六角堂跡 1,300円
紙書籍版 芝公園六角堂跡 1,620円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年02月28日
  • 著者/編集:   西村 賢太
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  192p
  • ISBNコード:  9784163905259

商品説明

【内容情報】(出版社より)
狂える藤澤清造の残影ーー

独りの死者と独りの生者。鬼気迫る四篇の?夜?と?昼?

ここ数年、惑いに流されている北町貫多。
あるミュージシャンに招かれたライブに昂揚し、
上気したまま会場を出た彼に、
東京タワーの灯が凶暴な輝きを放つ。
その場所は、師・藤澤清造の終焉地でもあったーー。

「闇に目をこらすと、そこには狂える藤澤清造の、
最後の彷徨の残像が揺曳しているような錯覚があった。
--その朧な残像を追って、貫多は二十九歳から
今日までの生を経(た)ててきたはずであったのだ。」
(本文より)

何の為に私小説を書くのか。予定調和とは無縁の、
静かなる鬼気を孕んだ最新作品集

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
独りの死者と生者、鬼気迫る“夜”と“昼”。ここ数年、惑いに流されていた北町貫多に東京タワーの灯が凶暴な輝きを放つ。その場所は、師・藤澤清造の終焉地であったー。何の為に私小説を書くのか。鬼気迫る四作品。

【目次】(「BOOK」データベースより)
芝公園六角堂跡/終われなかった夜の彼方で/深更の巡礼/十二月に泣く

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
西村賢太(ニシムラケンタ)
1967年7月、東京都江戸川区生れ。中卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(5件)

総合評価
 3.33

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      危険なビーナス
      危険なビーナス

      東野 圭吾

      972円(税込)

    2. 2
      【予約】走って、悩んで、見つけたこと。
      【予約】走って、悩んで、見つけたこと。

      大迫 傑

      1,512円(税込)

    3. 3
      後宮の烏 3
      後宮の烏 3

      白川 紺子

      658円(税込)

    4. 4
      大家さんと僕 これから
      大家さんと僕 これから

      矢部 太郎

      1,188円(税込)

    5. 5
      潜行三千里 完全版
      潜行三千里 完全版

      辻政信

      1,188円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ