ポピュリズムとは何か民主主義の敵か、改革の希望か[水島治郎]
  • Googleプレビュー

ポピュリズムとは何か 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)
水島治郎

885円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か 886円
紙書籍版 ポピュリズムとは何か 885円

商品基本情報

  • 発売日:  2016年12月16日頃
  • 著者/編集:   水島治郎
  • レーベル:   中公新書
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  244p
  • ISBNコード:  9784121024107

よく一緒に購入されている商品

  • ポピュリズムとは何か民主主義の敵か、改革の希望か[水島治郎]
  • +
  • 応仁の乱[呉座勇一]
  • ポピュリズムとは何か 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)
  • 水島治郎

885円(税込)

在庫あり

972円(税込)

在庫あり

合計 1,857円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
イギリスのEU離脱、反イスラムなど排外主義の広がり、トランプ米大統領誕生…世界で猛威を振るうポピュリズム。「大衆迎合主義」とも訳され、民主主義の脅威と見られがちだ。だが、ラテンアメリカではエリート支配から人民を解放する原動力となり、ヨーロッパでは既成政党に改革を促す効果も指摘される。一方的に断罪すれば済むものではない。西欧から南北アメリカ、日本まで席巻する現状を分析し、その本質に迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ポピュリズムとは何か/第2章 解放の論理ー南北メリカにおける誕生と発展/第3章 抑圧の論理ーヨーロッパ極右政党の変貌/第4章 リベラルゆえの「反イスラム」-環境・福祉先進国の葛藤/第5章 国民投票のパラドクスースイスは「理想の国」か/第6章 イギリスのEU離脱ー「置き去りにされた」人々の逆転劇/第7章 グローバル化するポピュリズム

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
水島治郎(ミズシマジロウ)
1967年東京都生まれ。東京大学教養学部卒業、99年、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。甲南大学助教授、千葉大学法経学部助教授などを経て、千葉大学法政経学部教授。専攻はオランダ政治史、ヨーロッパ政治史、比較政治(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

885円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ