日本語で一番大事なもの[大野晋/丸谷才一著]
  • Googleプレビュー

日本語で一番大事なもの改版 (中公文庫)
大野晋

972円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 日本語で一番大事なもの 972円
紙書籍版 日本語で一番大事なもの改版 972円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『万葉集』から『サラダ記念日』まで。言語学者と小説家の双璧が、文学史上の名作を俎上に載せ、それぞれの専門から存分に語り合う。日本人の場所感覚から、「てにをは」の重要性に至るまで、徹底的に追究し、日本語の本質を探る知的興奮に満ちた対談集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
鴨子と鳧子のことから話ははじまる/感動詞アイウエオ/蚊帳を調べてみよう/「ぞける」の底にあるもの/「か」と「や」と「なむ」/已然形とは何か/「こそ」の移り変り/主格の助詞はなかった/鱧の味を分析する/岸に寄る波よるさへや/場所感覚の強い日本人/現象の中に通則を見る/古代の助詞と接頭辞の「い」/愛着と執着の「を」/「ず」の活用はzとn/『万葉集』の「らむ」から俳諧の「らん」まで/「ぞ」が「が」になるまで

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大野晋(オオノススム)
1919年、東京生まれ。東京大学文学部国文学科卒業。専攻は国語学。恩師橋本進吉博士の上代特殊仮名遣の研究を発展させた「上代仮名遣の研究」がある。学習院大学名誉教授。2008年、死去

丸谷才一(マルヤサイイチ)
1925年、山形県鶴岡市生まれ。東京大学文学部英文科卒業。小説、評論、翻訳、エッセイと幅広い文筆活動を展開。2012年、死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年06月03日 - 2019年06月09日)

     :第-位( - ) > 文庫:第5954位(↑) > 人文・思想・社会:第5541位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

972円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      春淡し
      春淡し

      佐伯泰英

      648円(税込)

    2. 2
      行きたくない
      行きたくない

      加藤 シゲアキ

      648円(税込)

    3. 3
      三鬼 三島屋変調百物語四之続
      三鬼 三島屋変調百物語四之続

      宮部 みゆき

      1,036円(税込)

    4. 4
      マチネの終わりに
      マチネの終わりに

      平野 啓一郎

      918円(税込)

    5. 5
      いまさら翼といわれても
      いまさら翼といわれても

      米澤 穂信

      734円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ