「革命」再考資本主義後の世界を想う[的場昭弘]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

「革命」再考 資本主義後の世界を想う (角川新書)
的場 昭弘

907円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 「革命」再考 資本主義後の世界を想う 907円
紙書籍版 「革命」再考 資本主義後の世界を想う 907円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年01月10日
  • 著者/編集:   的場 昭弘
  • レーベル:   角川新書
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  256p
  • ISBNコード:  9784040821214

商品説明

【内容情報】(出版社より)
アメリカに続き、フランス大統領選も!? グローバル“後”の世界が来る。

革命とは、新しい価値観による旧来の価値観の転覆である。
資本主義の危機は、勝利の美酒に酔ったときに始まった。

アラブの春の時は泡沫の夢として。IS台頭の際は悪夢として。ウォール街のオキュパイ運動を始めとした反グローバリズム運動の際には希望として。
ロシア革命より100年、皮肉な事にソ連崩壊後の方が「革命」を望む声・警戒する声が起きている。
アメリカ大統領選を筆頭に、極左と極右に揺れる世界はグローバル“後”に向かっているのだ。
革命は起こりえる。今こそ、その現象を分析する必要がある。

革命は、新しい価値観による旧来の価値観の転覆だ
■政治的解放が政治への無関心へと進む
■歴史修正主義は現実肯定主義から生まれた
■資本は儲からなくなると国家主義的になる
■階級闘争は利益に対する闘争ではない
■現代社会の問題は、もはやたんなる人権の問題ではない

<目次>

最初ひとこと
はじめに

序章 革命とは何か
第一節 政権移譲は革命と見なされるか
第二節 未来への希望

第一章 二〇世紀革命論の母
第一節 マルクスの革命観
第二節 フランス革命の自己矛盾
第三節 社会的解放とは何か

第二章 現実肯定主義からの革命批判
第一節 異なる二つの革命の見方
第二節 アーレントの革命観
第三節 フュレの革命観
第四節 三者の共通理解

第三章 新しい暴力、無政府運動
第一節 中央と周辺、搾取と収奪の位置関係
第二節 一八四八年革命とパリ・コミューン
第三節 暴力と革命

第四章 革命と反革命
第一節 レーニンの革命観
第二節 トロツキー
第三節 革命の失敗
第四節 スターリンの支配体制

第五章 新自由主義と結合した「革命」
第一節 個人と集団の問題
第二節 革命の中に人間の意志を見る
第三節 新自由主義と合流する革命論
第四節 新自由主義の「革命」

終章 人間の新しい可能性を示す

おわりに
主要参考・引用文献
<目次>

最初ひとこと
はじめに
序章 革命とは何か
第一節 政権移譲は革命と見なされるか 第二節 未来への希望

第一章 二〇世紀革命論の母
第一節 マルクスの革命観 第二節 フランス革命の自己矛盾
第三節 社会的解放とは何か

第二章 現実肯定主義からの革命批判
第一節 異なる二つの革命の見方 第二節 アーレントの革命観
第三節 フュレの革命観 第四節 三者の共通理解

第三章 新しい暴力、無政府運動
第一節 中央と周辺、搾取と収奪の位置関係 第二節 一八四八年革命とパリ・コミューン
第三節 暴力と革命

第四章 革命と反革命
第一節 レーニンの革命観 第二節 トロツキー
第三節 革命の失敗 第四節 スターリンの支配体制

第五章 新自由主義と結合した「革命」
第一節 個人と集団の問題 第二節 革命の中に人間の意志を見る
第三節 新自由主義と合流する革命論 第四節 新自由主義の「革命」

終章 人間の新しい可能性を示す
おわりに
主要参考・引用文献

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「資本主義の危機は、勝利の美酒に酔ったときに始まった」。ロシア革命より100年、皮肉なことにソ連崩壊後の方が「革命」を望む声・警戒する声が起きている。極左と極右に揺れる世界はグローバル“後”に向かっているのだ。革命は起こりえる。今こそ、その現象を分析する必要がある。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 革命とは何か/第1章 二〇世紀革命論の母/第2章 現実肯定主義からの革命批判/第3章 新しい暴力、無政府運動/第4章 革命と反革命/第5章 新自由主義と結合した「革命」/終章 人間の新しい可能性を示す

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
的場昭弘(マトバアキヒロ)
1952年、宮崎県生まれ。神奈川大学経済学部定員外教授。慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了、経済学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • じっくり読んでためになる
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年04月07日

    革命という言葉からすぐに思い出されるのは、フランス革命であり、ロシア革命だ。同時にマルクスやレーニン、あるいは共産党宣言という本も思い出す。一方、中国の文化大革命やスターリンには負のイメージを持ってしまうのは、革命という名のもとに、独裁政治の姿が重なるからだ。わが国でも、5月革命に呼応するように、大学の紛争があり、その後もゼネストがあったことが思い出されるが、時が流れ、情報化とグローバル化が進む中においては、革命という言葉そのものが死語になりつつあるようだ。しかし、その一方で、アメリカではトランプ政権が誕生し、ヨーロッパでは英国がEU離脱を決め、ある国では極右政党の、また極左政党のリーダーが頭角を現している。民衆は既存の政党政治のうそに気が付き始めているのかもしれない。だとすれば、本来は民衆の意思が展開するような下からの力があり、それを共産主義者が組織するというマルクスの考えが見直されつつあるというのもうなづける。組織するのが共産主義者かどうかは別にして。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

907円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法
      世界標準のスイングが身につく科学的ゴル…

      板橋 繁

      1,296円(税込)

    3. 3
      世界の危険思想
      世界の危険思想

      丸山ゴンザレス

      799円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】論語と算盤
      【入荷予約】論語と算盤

      渋沢栄一

      885円(税込)

    5. 5
      年齢は捨てなさい
      年齢は捨てなさい

      下重暁子

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ