語彙力がないまま社会人になってしまった人へ[山口謠司]
  • Googleプレビュー

語彙力がないまま社会人になってしまった人へ
山口謠司

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 語彙力がないまま社会人になってしまった人へ 1,296円
紙書籍版 語彙力がないまま社会人になってしまった人へ 1,512円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年01月
  • 著者/編集:   山口謠司
  • 出版社:   ワニブックス
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  239p
  • ISBNコード:  9784847095306

商品説明

■社会人としてのレベルは「語彙力」で測られる現実がある

稚拙な表現や、思慮の浅そうな表現をしたり、
自分の中にある語彙の量が不足していれば、
社会人としてのレベルを低く見積もられてしまいます。

仕事の力量があるかないかということ以前に、
言葉の理解力や、使う言葉といった語彙力で
ある程度あなたの評価が決まってしまうということです。

本書では、社会人としての評価を上げ、
キャリア形成でつまずかない、軽く扱われないための
「できる人が物事を理解するために押さえている語彙」
「知性と教養を感じさせる語彙」をご紹介しました。

相対的(そうたいてき)、代替(だいたい)、乖離(かいり)、忖度(そんたく)、
拝承(はいしょう)、概ね(おおむね)、的を射る(まとをいる)、
尽力(じんりょく)、汎用(はんよう)、コモディティ、機知に富む(きちにとむ)
…などの51語をご紹介しています。

■知性と教養は話のはしばしに表れる

「代替案を考えます」というのを、
「だいがえあんを考えます」と言ってしまえば、
知性を疑われ、仕事相手は不安になってしまいます。

人をほめるときでも、「頭がいいですね」では、
稚拙な印象を与えてしまうので
「機知に富む」などに言い換えたほうがいいのです。

さらに、仕事相手が話している言葉を理解できなければ、
それは空気として伝わり、自分の評価を下げてしまいます。

言語のスペシャリストであるノーマン・ルイスは
名著『Word Power Made Easy(語彙力を身につけるのは簡単だ)』で、
本書で学習すれば、「自信を持って話し、書けるようになる」
「効率のいい効果的な言葉の読み方が身につく」
「理解が早くなる」「交際範囲が広がる」「収入アップにつながる」
といったことを述べています。

■「最低限知っておけばいい51語」をおもしろく身につけよう!

本書では、「この人、できる!」と思われる語彙を
成り立ちや歴史から、おもしろく身につくよう書きました。
就職活動をしている学生から、新入社員、ベテラン社員、
経営陣の人々まで、役立つ内容を心がけました。

「知性と教養を感じさせる語彙」
「会議、プレゼン、交渉、打ち合わせをうまく進めている、
伝え方や説明がうまい人が使っている語彙」
「理解力を高めるために押さえておくべき語彙」
「よく聞くけどしっかり意味がわかっている人が少ない語彙」
「心の状態をうまく表し、伝える語彙」
「同音異義語や、地位がある人や年配の人が使う語彙」
「人を動かす魅力的な語彙」…
「どのようなことをすれば、語彙力をもっと高められるか」
ということまで紹介しました。
ぜひ、一語でも身につけて、使いこなしてみてください。

【著者情報】
山口謠司(やまぐち・ようじ)

大東文化大学文学部准教授。1963年長崎県佐世保市生まれ。博士。
大東文化大学大学院、フランス国立高等研究院大学院に学ぶ。ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員を経て現職。専門は、書誌学、音韻学、文献学。
1989年よりイギリス、ケンブリッジ大学東洋学部を本部に置いて行なった『欧州所在日本古典籍総目録』編纂の調査のために渡英。以後、10年に及んで、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、ベルギー、イタリア、フランスの各国図書館に所蔵される日本の古典籍の調査を行なう。
またその間、フランス国立社会科学高等研究院大学院博士課程に在学し、中国唐代漢字音韻の研究を行ない、敦煌出土の文献をパリ国立国会図書館で調査する。
文部科学省科学研究費助成を受け、第一次世界大戦後に行われた昭和天皇(当時は皇太子)によるベルギー王国、ルヴァン大学に寄贈された日本古典籍についての研究なども行なっている。
広い視点から、わかりやすく話をするスタイルで、テレビやラジオの出演も多く、NHK文化センター、朝日カルチャーセンター、中日文化センターなどでも定期的に講演や講座を開いている。
ベストセラー『日本語の奇跡』『ん』『日本語通』(新潮社)、『てんてん』(KADOKAWA)、『日本語にとってカタカナとは何か』(河出書房新社)、『日本語を作った男』(集英社)など著書多数。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
仕事でスグに使える大人の言葉づかい。「相対的」「代替」「乖離」「忖度」…など、“この人、できる!”と思われる51の言葉をわかりやすく紹介。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「この人できる!」と思われるための語彙力は、誰にでも身につけられるー言葉によって“自分の評価”を下げるのはもったいない!/第2章 最低限知っておきたい「知性」と「教養」を感じさせる語彙ーできる社会人の「受け答え」「言葉の常識」「感謝」「あいさつ」/第3章 「会議」「プレゼン」「交渉」「打ち合わせ」で結果が出る便利な語彙ー伝え方がうまい人、説明がわかりやすい人、理解力が高い人/第4章 よく聞くけど、しっかり意味がわかっている人は少ない語彙ー「同音異義」「似ているもの」「年配の人、地位がある人が使う」語彙は知っておかないと恥をかく!/第5章 そもそも間違って覚えている可能性が高い語彙ー社会人になったらこの間違いは許されない!「勘違い」を「正しい」と思っていないか?/第6章 心の状態をうまく“表す”“伝える”ための語彙ー「ポジティブさ」も「ネガティブさ」も併せ持つのが社会人/第7章 社会人としての評価をもっと上げる語彙ー一段上のレベルの言葉を身につけ、使いこなす/終章 こうすれば、語彙力は自然に高まっていくー数を増やし、質を高めるための技

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山口謠司(ヤマグチヨウジ)
大東文化大学文学部准教授。1963年長崎県佐世保市生まれ。博士。大東文化大学大学院、フランス国立高等研究院大学院に学ぶ。ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員を経て現職。専門は、書誌学、音韻学、文献学。1989年よりイギリス、ケンブリッジ大学東洋学部を本部に置いて行なった『欧州所在日本古典籍総目録』編纂の調査のために渡英。以後、10年に及んで、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、ベルギー、イタリア、フランスの各国図書館に所蔵される日本の古典籍の調査を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(21件)

総合評価
 2.78

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2018年08月24日

    これを機に、語彙力向上委員会をたちあげました

    0人が参考になったと回答

  • 後輩へのプレゼント
    ☆明るい農村☆村長hiro
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2017年03月11日

    後輩へのプレゼントにしたくて購入しましたが、内容はいまいち・・・

    0人が参考になったと回答

  • 広告を見て
    non9161
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年03月04日

    新聞広告を見て、気になって購入しました、勉強になります。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年05月13日 - 2019年05月19日)

     :第-位( - ) > 語学・学習参考書:第3544位(↑) > 語学学習:第2033位(↑) > 日本語:第1053位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

1,512円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ