楽天スーパーDEAL 対象のオススメ商品が15%ポイントバック
大晦り新・酔いどれ小籐次(七)[佐伯泰英]
  • Googleプレビュー

大晦り 新・酔いどれ小籐次(七) (文春文庫)
佐伯 泰英

723円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年02月10日
  • 著者/編集:   佐伯 泰英
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  352p
  • ISBNコード:  9784167907839

商品説明

【内容情報】(出版社より)
落馬して打撲傷を負った小籐次は、久慈屋夫妻、おりょうとともに熱海に湯治に行ったことで恢復し、以前と変わらぬ生活を送れるようになっていた。
そんなある日、瀬戸物町で火事騒ぎが起こり、そのさなかに料理茶屋の娘が行方知れずになった。そもそも火事騒ぎはどうやら付け火で、焼け跡から二人の男の焼死体が出ており、男たちは御庭番だという。火をつけた上に金を盗む賊徒たちを追って、逆に殺されたようだ。そして行方知れずの娘は、その現場を目撃したことで攫われたのかもしれないという。
町奉行所も火付盗賊改も御庭番を殺した賊徒の探索を優先しており、行方知れずの娘には関心がない。老中・青山の意を受けたおしんに口説かれ、小籐次は娘の救出に乗り出す。その結果、小籐次は?陰の者?たちと死闘を繰り広げることになったーー。
新シリーズ書き下ろし、第7弾。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
落馬で腰を痛め、息子との立ち合いでは不覚を取る。老いを痛感する小籐次だが、熱海での湯治を経て復調、その剣は一段と深みを増した。そんな中起きた年末の火事騒ぎ。二人の遺体と消えた娘。老中の密偵、おしんに乞われ娘探索に加わった小籐次を、八代吉宗にまで遡る怨念と暗闘が待ち構えていた。緊迫の書き下ろし第7弾!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
佐伯泰英(サエキヤスヒデ)
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 老練さが滲み出る小籐次
    伝助038/dn
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年11月07日

    赤目小籐次は元豊後森藩江戸下屋敷の厩番。五尺一寸(約153cm)の矮躯に大顔、大目玉、大耳、団子鼻、禿げ上がった額が特徴の初老の侍。無類の大酒飲み。父・伊蔵に鍛えられた一子相伝の秘剣・来島水軍流の達人。小籐次の名を江都に知らしめたのは、世にいう『御鑓拝借』事件だった。主君が江戸城中で同じ詰之間の四藩主に恥辱を受けたと聞き、仇を討つべく脱藩。四藩の大名行列を次々に襲い、そのシンボルともいえる御鑓先を奪うことで四藩主の謝罪を取りつけた。事件後、奉公を辞し、新兵衛長屋に居を定めた小籐次は、父から仕込まれた研ぎ仕事と厩番時代に内職で励んだ竹細工で生計を立てる。仕事ぶりは誠心誠意、全身全霊で、仕上がりは名人芸。だが、情にほだされれば御代を受け取らない典型的な器用貧乏。
    美人で歌人の妻:おりょう、養子:駿太郎(小籐次を襲った刺客から託されたの子、当時は赤ん坊)、新兵衛長屋の面々ら、小籐次を取り巻く人たちと織りなす人間ドラマの新シリーズの第7弾。
    今回は、落馬して打撲傷を負った小籐次は、久慈屋夫妻、おりょうとともに熱海に湯治に行ったことで恢復。そんなある日、火事で二人が焼死し、そのさなか料理茶屋の娘が行方知れずになった。焼死した二人の男は御庭番だという。老中の意を受けた小籐次がその謎を追うが。。。
    一段高みにのぼった感のある小籐次の老練さと、11歳になった駿太郎の成長ぶりが見物。なにやら、別シリーズの坂崎磐音と嫡子空也の物語に似てますね。
    −−−−−
    ■本書の基本情報
    ・筆者:佐伯 泰英(サエキ ヤスヒデ)
    ・略歴:1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』以後、スペインをテーマにした作品を発表。'99年、初の時代小説『密命』を皮切りに次々と作品を刊行、時代小説の旗手として高い評価を得る。
    ・出版:双葉社
    ・発売:2017年2月
    ・ページ数:331p
    ■これまでに購読した佐伯泰英の著書
    ・「異風者」
    ・「密命」(全26巻)
    ・「夏目影二郎始末旅」…第14巻まで
    ・「古着屋総兵衛影始末」(全11巻)
    ・「吉原裏同心」…第16巻まで
    ・「居眠り磐音江戸草双紙」(全51巻)、「居眠り磐音江戸草双紙 読本」
    ・「酔いどれ小藤次留書」(全20巻)
    ・「新・酔いどれ小藤次」…第6巻まで(本書)
    ・「空也十番勝負」…第2巻まで

    28人が参考になったと回答

  • 小籐次面白い。
    まっくろ黒助123
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年03月20日

    酔いどれシリーズは話が面白いのですぐ読み終わってしまう。おりょうの仕草と駿太郎の成長が楽しみ。

    0人が参考になったと回答

  • 相変わらずの佐伯節
    noahman
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年02月27日

    当然ながら佐伯泰英さんの真骨頂。
    爺の主人公で、ちょっとないだろう、くらいに活躍する、勧善懲悪に近い時代物。
    ツボを押さえたストーリーですね。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

723円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      僕と妻の1778話
      僕と妻の1778話

      眉村卓

      648円(税込)

    2. 2
      残像に口紅を
      残像に口紅を

      筒井康隆

      802円(税込)

    3. 3
      幸福論
      幸福論

      バートランド・ラッセル

      907円(税込)

    4. 4
      紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男
      紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円…

      野崎 幸助

      842円(税込)

    5. 5
      サラバ! 上
      サラバ! 上

      西 加奈子

      680円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ