儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇[ケント・ギルバート]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)
ケント・ギルバート

907円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 756円
紙書籍版 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 907円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年02月21日
  • 著者/編集:   ケント・ギルバート
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  208p
  • ISBNコード:  9784062729642

商品説明

【内容情報】(出版社より)
日本人に「自虐史観のアホらしさ」を気づかせてくれたのはアメリカ人だった……ベストセラー連発、日本人より日本文化を深く知っているケント・ギルバートの新境地!
 中国や韓国と上手に付き合うには、まず「自己中心主義」の大本たる儒教の本質を知り、そして日本は儒教国家でないことを認識すべし!!
第1章 儒教の呪いとは何か
第2章 沖縄も東南アジアも樺太も中国領?
第3章 キリストも孔子も韓国人?
第4章 中国・韓国の自己中心主義の大本
第5章 日本は儒教国ではない!
第6章 この厄介な国々との付き合い方

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 「儒教の呪い」とは何か/第1章 沖縄も東南アジアも樺太も中国領?/第2章 キリストも孔子も韓国人?/第3章 中国・韓国の自己中心主義の裏側/第4章 日本は儒教国家ではない!/第5章 儒教の陰謀は現在進行中!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ギルバート,ケント(Gilbert,Kent Sidney)
1952年、アイダホ州に生まれる。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年にモルモン宣教師として初来日。その後、国際法律事務所に就職し、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行してテレビに出演。2015年、公益財団法人アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 日韓併合は
    もぐら9400
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年09月01日

    日本が侵略したわけではない。朝鮮の求めに応じただけだ。
    本当の自国の歴史認識を勉強なさい!

    8人が参考になったと回答

  • これは面白い!
    ktys-o
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年05月22日

    中国・韓国はなぜ異常なほど過去にこだわるのか?
    中国の領有問題の歴史のねつ造はなぜか?
    何でも日本にいちゃもんをつけてくるのか?
    この本を読んでナットク!!
    特にそれをアメリカ人が書いたというのが面白いですね。
    日本の政治家はこの本を読むべし!!

    4人が参考になったと回答

  • (無題)
    病院でもVISA
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年04月08日

    すごくよく売れてるようですが、内容的にはネット等で知っていることばかりであまり驚きはありませんでした。でも、この方が書くことで情報が拡散するなら結構なことだと思います。大切なことがたくさんかかれていますから。儒教と結びつけたところも面白いとおもいます。

    3人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー
  • つうかいでした。
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年06月05日

    一気に読めました。アメリカ人がこんな見方をしているとはビックリでした。

    1人が参考になったと回答

  • 著者の洞察力に感銘
    kfujita
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年05月16日

    日本人には正面切って言えない事実を鋭くずばり論じている。日本人自身の反省点を含め、戦前、戦中、戦後の教育を受けた私には胸のすくような文章である。外国人であるガ故に客観性にも富み深い感銘を受けた。戦前、戦中を知らない世代の方々に特に一読を勧める。

    1人が参考になったと回答

  • 購入前に立ち読みをおすすめします
    ふぉぽんず
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2017年04月04日

    論述ではなく、最近の中韓報道に関する筆者の個人的所感まとめです。事実と主張の区別が曖昧で論理的結びつきがほとんど述べられていないので、説得力に欠けます。参考文献として挙がっている『大隈重信、中国人を大いに論ず』(大隈重信著、倉山満監修、祥伝社)の方をおすすめします。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2017年10月16日 - 2017年10月22日)

     :第2321位(↑) > 新書:第102位(↑) > その他:第45位(↓)

  • 日別ランキング(2017年10月22日)

     :第3302位(↓) > 新書:第122位(↓) > その他:第45位(↓)

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと33

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

907円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      バカ論
      バカ論

      ビート たけし

      777円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】君たちはどう生きるか
      【入荷予約】君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      820円(税込)

    3. 3
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    4. 4
      日本史の内幕
      日本史の内幕

      磯田 道史

      907円(税込)

    5. 5
      定年後
      定年後

      楠木新

      842円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ