交際費の理論と実務改訂版
  • Googleプレビュー

交際費の理論と実務改訂版
山本守之

3,888円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2002年07月
  • 著者/編集:   山本守之
  • 出版社:   税務経理協会
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  368p
  • ISBNコード:  9784419040567

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書では、裁決例、判決例をどしどし取り入れ、交際費を課税理論の面と実務上の考え方の面から解説している。平成14年度改正では、中小企業の定額限度額が緩和され、また、連結納税制度における交際費課税の内容も明らかにされた。そこで、改定版ではこれらの最新情報を取り入れるとともに、最近の裁決例、判決例も加え、さらに情報公開によって明らかにされた『法人税関係質疑応答事例集』(国税庁課税部審理室・法人課税課)のなかの興味ある部分も含めて書き改めた。

【目次】(「BOOK」データベースより)
交際費課税の沿革と支出の実態/交際費課税の趣旨とその問題点/諸外国の交際費課税/損金不算入制度/交際費の成立要件/交際費の定義の文理的検討/交際費から除外される費用/交際費等の態様/売上割戻し・販売奨励金と交際費等/災害見舞金等の特例〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山本守之(ヤマモトモリユキ)
東京都出身。昭和33年税理士試験合格、同38年税理士開業。日本税務会計学会学会長、税務会計研究学会理事、日本租税理論学会理事を務め、全国各地において講演活動を行うとともに、千葉商科大学大学院(政策研究科、博士課程)で客員教授として租税政策論を、水戸短期大学では客員教授として租税法の教鞭をとっている。研究のためOECD、EU共同体及び海外各国の大蔵省等を20年にわたり歴訪。机上の理論だけでなく、現実の経済取引を観察し、公平な租税制度のあり方を考える。また、税理士の立場から納税者の租税法解釈権を主張し、法令や通達を無機質的に読むのではなく「人間の感性で税をみつめる」態度を重視している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

3,888円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ