本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > その他

東京の敵 (角川新書)
猪瀬 直樹

880(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2017年01月20日頃
  • 著者/編集:   猪瀬 直樹(著)
  • レーベル:   角川新書
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  256p
  • ISBN:  9784040821283

商品説明

内容紹介(出版社より)

<辞任した僕が、今回、「東京の敵」をこうして発信することについて、いろいろ思う人は少なからずいるとは承知している。しかし、小池都政を後戻りさせるわけにはいかない。そのために僕が果たさなければならない使命がある。良くも悪くもいまは都政に関して多くの方が関心を持ってくれている時期だ。何が重要で、何が重要でないか、問題をファクト(事実)とロジック(論理)で考えていただければと思う。 (「はじめに」より)>

噴出する都政の問題。五輪は無事開催できるのか。新都知事は何と戦うべきなのか。副知事、そして都知事として長年都政に携わった作家が、東京という都市の特質を改めて描きつつ、現在の問題の本質を浮き彫りにする。
はじめに
第1章 都議会の闇
第2章 東京五輪の迷走
第3章 小池都政の論点
第4章 メディアの責任
第5章 東京人の自覚
第6章 五輪後の日本像
解説 メディアの歴史をつくる者 佐々木紀彦(newspicks編集長)

内容紹介(「BOOK」データベースより)

噴出する都政の問題。五輪は無事開催できるのか。新都知事は何と戦うべきなのか。副知事、そして知事として長年都政に携わった作家が、東京という都市の特質を改めて描きながら、問題の核心を浮き彫りにする。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 都議会の闇/第2章 東京五輪の迷走/第3章 小池都政の論点/第4章 メディアの責任/第5章 東京人の自覚/第6章 五輪後の日本像

著者情報(「BOOK」データベースより)

猪瀬直樹(イノセナオキ)
作家。1946年長野県生まれ。87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞。2002年小泉純一郎首相の下で道路公団民営化委員に就任。07年石原慎太郎東京都知事の下で副知事に就任。12年東京都知事に就任、13年同辞任。現在、日本文明研究所所長、大阪府市特別顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(7件)

総合評価
 3.57

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      世界は経営でできている
      世界は経営でできている

      岩尾 俊兵

      990円(税込)

    2. 2
      職場を腐らせる人たち
      職場を腐らせる人たち

      片田 珠美

      990円(税込)

    3. 3
      犯罪心理学者は見た危ない子育て
      犯罪心理学者は見た危ない子育て

      出口保行

      990円(税込)

    4. 4
      名探偵コナン 100万ドルの五稜星
      名探偵コナン 100万ドルの五稜星

      水稀 しま

      880円(税込)

    5. 5
      老いた今だから
      老いた今だから

      丹羽 宇一郎

      1,034円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ