私の沖縄現代史[新崎盛暉]
  • Googleプレビュー

私の沖縄現代史 米軍支配時代を日本で生きて (岩波現代文庫)
新崎盛暉

1,058円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年01月18日頃
  • 著者/編集:   新崎盛暉
  • レーベル:   岩波現代文庫
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  280,
  • ISBNコード:  9784006033033

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
沖縄現代史研究と市民運動を長年牽引してきた著者の、日本にいながら「沖縄を生きた」前半生の回顧録。日中戦争勃発前年に生まれ、焼け跡で少年時代を過ごし、米軍支配下の父祖の地・沖縄に思いを寄せながら東京で学び働いた青年期を経て、復帰後まもない沖縄に移住するまでの自身の軌跡と、様々な出会いの記憶を織り交ぜ、沖縄と日本の激動の同時代史を描き出す。岩波現代文庫オリジナル版。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 戦中・戦後の子ども時代/2 沖縄との出会いー一九五〇年代の沖縄・日本・世界/3 戦後初めての沖縄訪問、そして六〇年安保/4 沖縄資料センターと都庁勤務ー二足の草鞋/5 激動の時代へ/6 排他的米軍事支配の破綻へ/7 「日本戦後史」と「沖縄戦後史」/8 激動の一九六八ー六九年ー三大選挙から二・四ゼネストへ/9 七〇年安保から沖縄返還へ/10 沖縄返還と大学統合問題

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
新崎盛暉(アラサキモリテル)
1936年、東京に生まれる。1961年、東京大学文学部社会学科卒業。都庁勤務のかたわら「沖縄資料センター」の活動に従事。1974年、沖縄大学に赴任。学長・理事長を経て、沖縄大学名誉教授。専門は沖縄近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 今だからこそ
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年05月22日

    沖縄を語るのは、本当に難しい。著者は、本土から、また沖縄から、この地を見つめてきた数少ない一人。また、60年、70年の安保闘争を経験してもいる。辺野古、安保法、共謀罪…かまびすしい今だからこそ必要な1冊か。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,058円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      慈雨
      慈雨

      柚月 裕子

      820円(税込)

    2. 2
      蜜蜂と遠雷(上)
      蜜蜂と遠雷(上)

      恩田陸

      788円(税込)

    3. 3
      蜜蜂と遠雷(下)
      蜜蜂と遠雷(下)

      恩田陸

      788円(税込)

    4. 4
      サブマリン
      サブマリン

      伊坂 幸太郎

      712円(税込)

    5. 5
      騎士団長殺し
      騎士団長殺し

      村上 春樹

      680円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ