[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > パソコン・システム開発 > その他

シンギュラリティは怖くない ちょっと落ち着いて人工知能について考えよう
中西崇文

1,650(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2017年02月16日頃
  • 著者/編集:   中西崇文
  • 出版社:   草思社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  192p
  • ISBN:  9784794222558

商品説明

内容紹介(出版社より)

人工知能は、失業者を増やしたり、人類を滅ぼしたりするのか? 2045 年に「シンギュラリティ」が訪れ、突如、コンピュータが人間の知能を超えるのか? いや、そんなことはあり得ない??。人工知能を日常的に使用しているデータサイエンティストの著者が、情報学の歴史的経緯をふまえて、人工知能と人間社会の過去・現在・未来を解説。この上なく腑に落ちる、人工知能論。
「シンギュラリティ」はもう起きている
人間を困らせる人工知能は存在できない
「道具→機械→人工知能」の進歩を考える
AIは人間の意識を生産活動から解放する
人工知能で「モバイル」の時代は終わる
AIと人間の役割分担をどうするべきか
人工知能は人間の創造性を増幅する
人工知能は「合議制」を取るようになる

内容紹介(「BOOK」データベースより)

人工知能は、失業者を増やしたり、人類を滅ぼしたりするのか?2045年に「シンギュラリティ」が訪れ、突如、コンピュータが人間の知能を超えるのか?いや、そんなことはあり得ないー。人工知能を日常的に使用しているデータサイエンティストが、情報学の歴史的経緯をふまえて、人工知能と人間社会の過去・現在・未来を解説。この上なく腑に落ちる、人工知能論。

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 人間は機械の進化に気づかない(シンギュラリティとは何かー機械が人間を超える日/なぜシンギュラリティが問題になっているのか/シンギュラリティはもう起きている/なぜ我々は機械の進化に鈍感なのか)/第2部 信頼できない人工知能は進化できない(なぜ我々は自動化を欲するのか/我々はどこまで機械の自動化に頼るべきか/人間のプライド・自由と人工知能/人工知能は暴走するのか)/第3部 人工知能の未来を描く(ビッグデータが人工知能の進化を加速させる/モバイルからユビキタスへ/人工知能は「合議システム」「モジュール化」で進化する)

著者情報(「BOOK」データベースより)

中西崇文(ナカニシタカフミ)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授/主任研究員。デジタルハリウッド大学大学院客員教授。1978年、三重県伊勢市生まれ。2006年3月、筑波大学大学院システム情報工学研究科にて博士(工学)の学位取得。独立行政法人情報通信研究機構にてナレッジクラスタシステムの研究開発、大規模データ分析・可視化手法に関する研究開発等に従事。2014年4月より現職。専門は、ビッグデータ分析システム、統合データベース、感性情報処理、メディアコンテンツ分析など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.67

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:パソコン・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ