健康診断が寿命を縮める[近藤誠]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

健康診断は受けてはいけない (文春新書)
近藤 誠

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 健康診断は受けてはいけない 789円
紙書籍版 健康診断は受けてはいけない 799円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年02月17日
  • 著者/編集:   近藤 誠
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  224p
  • ISBNコード:  9784166611171

商品説明

職場で強制される健診。だが統計的に効果はなく、欧米には存在しない。むしろ過剰な医療介入を生み、寿命を縮めることを明かす。

【内容情報】(出版社より)
健診はこんなに危険! 欧米に職場健診も人間ドックも存在しないのはなぜか? 日本の男性は職場健診で寿命を縮めている!?
日本人の多くは「健康」のため職場健診や人間ドックを受診していますが、欧米には存在しません。「より健康になる」とか「寿命をのばす」という効果を証明するデータがないからです。著者の近藤誠さん本人も、慶大病院で在職した40年間、執行部から強い圧力がありながらも、一度も受けませんでした。検診は有効というデータがないからです。にもかかわらず、日本では、医学的な根拠がないままに、1972年の「労働安全衛生法」で健診が義務化され、今日に至っているのです。日本の平均寿命は世界のトップクラスですが、奇妙なのは、男女間で平均寿命に6歳もの差があることです。女性よりも職場で健診機会の多い日本の男性は、まさに「健診で寿命を縮めている」可能性があるのです。
検診は危険がいっぱいです。そもそもCTや胃エックス線撮影には放射性被ばくによる発がんリスク、子宮がん検診には流産や不妊症のリスクがあります。異常値が見つかった後に行なわれる肺や前立腺の「生検」も極めて危険です。手術後に「がんではなかった、おめでとう」と平然と述べる医者もいます。
さらに危険なのは、「過剰な検診」が、過剰な薬の処方や手術など「過剰な治療」につながるからです。人間ドックには「早く見つけるほど、早く死にやすい」という逆説があります。実際、中村勘三郎さんや川島なお美さんは、人間ドックで「がんを早期発見され、早期に亡くなってしまった」のです。
「検査値より自分のからだを信じる」こそ、健康の秘訣です。健康な時に、健診など受けるものではありません。
本書は、さまざまなデータや論文に基づき、「健康診断が有害無益である」ことを徹底的に明らかにします。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本人の多くは「健康のため」職場の健診や人間ドックを受診しているが、こうした健診は欧米にはない。「より健康になる」「寿命をのばす」という効果を示すデータが存在しないからだ。健診は過剰な医療介入のきっかけとなり、日本人の寿命を縮めている。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 健診を受ける人と受けない人/第2章 がん検診の効果を検証する/第3章 健診のデメリット/第4章 どれほど死者が増えるのか?/第5章 がん検診に救命効果がない理由/第6章 検査値の異常/第7章 新たな健診/第8章 温故知新ー検査機器とクスリに頼る日本の医者/第9章 検診を宣伝する者たち/第10章 ではどうするか?

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
近藤誠(コンドウマコト)
1948年生まれ。近藤誠がん研究所所長。73年、慶應義塾大学医学部卒業、同大学医学部放射線科入局。79〜80年、米国へ留学。83年から同医学部放射線科講師を務める。96年には著書『患者よ、がんと闘うな』(文藝春秋)で抗がん剤や拡大手術などがん治療の在り方に一石を投じた。2012年には第60回菊池寛賞受賞。14年、慶應義塾大学を定年退職。13年に「近藤誠がん研究所セカンドオピニオン外来」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 今年の検診は控えようかと
    hiresp1
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年04月23日

    会社のは受けないと行けないので受診しましたが、
    これ以外の検査は今年見送ることにしました。
    確かに、
    体調がよく元気なのに、
    余計な検査を受ける必要はないと思いました。
    親族をガンで亡くし数年が経過しますが、早く、著者と出会っていたら、状況が変わっていたのではないかと感じました。

    2人が参考になったと回答

  • とても勉強になりました。
    3あい21
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年01月26日

    最近知り合いが健康診断を受けて手術をすることを聞きましたのでこの本を読み、驚きました。知らないこと、気を付けることがよくわかり、とてもよかったです。自分で知識がないとお医者さんの言われるがままになってしまうということもよくわかりました。自分や家族の体はきちんと守れるようにしたいです。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2018年06月11日 - 2018年06月17日)

     :第-位( - ) > 新書:第3536位(↑) > その他:第1252位(↑)

  • 日別ランキング(2018年06月20日)

     :第-位( - ) > 新書:第433位(↑) > その他:第158位(↑)

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと23

799円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      消滅世界(下)
      消滅世界(下)

      大石英司

      972円(税込)

    2. 2
      未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること
      未来の年表2 人口減少日本であなたに起…

      河合 雅司

      907円(税込)

    3. 3
      (146)自分のことだけ考える。
      (146)自分のことだけ考える。

      堀江 貴文

      864円(税込)

    4. 4
      友だち幻想
      友だち幻想

      菅野仁

      799円(税込)

    5. 5
      定年前後の「やってはいけない」
      定年前後の「やってはいけない」

      郡山史郎

      1,026円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ