現代日本語訳日蓮の立正安国論[正木晃]
  • Googleプレビュー

現代日本語訳 日蓮の立正安国論
正木 晃

2,160円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年02月22日
  • 著者/編集:   正木 晃
  • 出版社:   春秋社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  256p
  • ISBNコード:  9784393113448

商品説明

【内容情報】(出版社より)
『立正安国論』は、当時、天変地異が続発するのは浄土思想という邪法の流布が原因だとして法然を徹底批判し、正法である法華経を中心とすべき旨を力説した警世の書。本書の第1部は極めて明快な訳文、第2部は、その時代背景や人物、「安国」の意味などを解説。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
歴史的名著を日蓮の意図どおりに正しく理解する。予備知識なしで誰でも読める、きわめて平易な訳文。難解な仏教語には、本文中に説明を織り込むなどの工夫を凝らし、「解説」では当時の時代背景や鎌倉祖師たちの国家論にも言及する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 立正安国論 現代語訳(災難の原因についての問答/災難の経証についての問答/謗法の状況についての問答/謗法の人と法についての問答/災難の実例についての問答/上奏の可否について考える/災難の対策についての問答/正法を誹謗中傷する者の根絶/正法を誹謗中傷する者への対策ならびに立正安国の問答/正法を誹謗中傷する者への対策を心の底から理解する)/第2部 解説(『立正安国論』の構成と内容/『立正安国論』上奏をめぐる時代と人物/『立正安国論』の「安国」とは何か)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
正木晃(マサキアキラ)
1953年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院博士課程修了。国際日本文化センター客員助教授等をへて、現在、慶應義塾大学非常勤講師。専門は宗教学(チベット・日本密教)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

2,160円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史
      【予約】「日本国紀」の副読本 学校が教…

      百田尚樹

      950円(税込)

    2. 2
      自分の小さな「箱」から脱出する方法
      自分の小さな「箱」から脱出する方法

      アービンジャー・インスティチュート

      1,728円(税込)

    3. 3
      日本国紀
      日本国紀

      百田尚樹

      1,944円(税込)

    4. 4
      悲憤
      悲憤

      中野 太郎

      1,728円(税込)

    5. 5
      ゲッターズ飯田の「五星三心占い」決定版
      ゲッターズ飯田の「五星三心占い」決定版

      ゲッターズ飯田

      2,160円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ