憲法改正とは何だろうか[高見勝利]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

憲法改正とは何だろうか (岩波新書)
高見勝利

885円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年02月
  • 著者/編集:   高見勝利
  • レーベル:   岩波新書
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  219p
  • ISBNコード:  9784004316459

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
憲法改正とは最高法規である憲法を変更する最高の権力作用だ。改正による体制転換のシナリオの考察からその帰結を抉り出す。現憲法の改正規定第九六条の成立過程をたどり、歴代首相の封印を解いた戦後六〇年の「改正手続法」の問題点と、安倍首相の憲法観の危うさまでを論じる。およそ憲法改正を議論するには必読の書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 憲法を変えるとはどういうことか(憲法の安定性をどう考えるか/主権者をめぐる理論/憲法改正は最高の権力作用/改正規定の改正は可能か)/第2章 憲法改正規定はどのようにして作られたか(天皇から国民へー憲法改正問題/マッカーサー草案と第九六条)/第3章 憲法改正手続法はどのようにして作られたか(なぜ、遅れたのかー歴代首相の封印/憲法第九条改正論と手続法整備論がワンセット/安倍首相の手で)/第4章 憲法改正手続の何が問題か(国民投票をどう設計するか/国民投票運動の自由と制限/改正の発議は/改正の効力は)/第5章 憲法改正にどう向き合うかー安倍首相の憲法観と立憲主義(権力分立原理が欠落すると/危険きわまりない改憲論者)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
高見勝利(タカミカツトシ)
1945年兵庫県淡路島生まれ。1974年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。法学博士。現在、北海道大学名誉教授、上智大学名誉教授。専攻は憲法学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

885円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    3. 3
      年齢は捨てなさい
      年齢は捨てなさい

      下重暁子

      864円(税込)

    4. 4
      続 昭和の怪物 七つの謎
      続 昭和の怪物 七つの謎

      保阪 正康

      928円(税込)

    5. 5
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ