本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > ノンフィクション > ノンフィクション(外国)
特攻自殺兵器となった学徒兵兄弟の証言[岩井忠正]
  • Googleプレビュー

特攻 自殺兵器となった学徒兵兄弟の証言
岩井忠正

1,980(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

太平洋戦争末期、極限状況で死と向き合った兄と弟。侵略戦争を美化する者への怒りの告発。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 「回天」「伏竜」-二つの海軍特攻部隊に所属した兄の証言(私はなぜ海軍に入ったか/武山海兵団から久里浜「対潜学校」へ/特攻隊へ志願 ほか)/第2章 「震洋」特別攻撃隊に所属した弟の証言(航海学校での体験/特攻要員の選抜/震洋隊基地で ほか)/第3章 アジア・太平洋戦争と特攻作戦(アジア・太平洋戦争の動向/「特攻」の成立と航空特攻の活動/水中・水上特攻隊の出現と「戦果」 ほか)/終章 特攻と戦争をくり返さないために

著者情報(「BOOK」データベースより)

岩井忠正(イワイタダマサ)
1920年熊本市生まれ。慶応義塾大学文学部卒業、商社員を経て翻訳業

岩井忠熊(イワイタダクマ)
1922年熊本市生まれ。京都大学文学部卒業、立命館大学教授、副学長歴任。現在、立命館大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ