本・雑誌 在庫あり商品対象!条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学
原発事故から這いあがる!有機農業ときどき人形劇[大河原多津子]
  • Googleプレビュー

原発事故から這いあがる!有機農業ときどき人形劇
大河原多津子

1,540(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

商品情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
劇団「赤いトマト」は福島原発事故の語り部となり、耕し続けてきた大地、生産者のプライド、おだやかな暮らしを奪われた農民の怒りと苦悩をリアルに伝える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人形劇が語る原発事故(農業に生きるプライド/あの日を風化させないために/『人形劇』太郎と花子のものがたり ほか)/第2章 暴力的に日常を奪った原発事故(東日本大震災の当日/原発事故の予感(『2月のある夜の夢』)/原発事故が現実に(2011年3月15日について) ほか)/第3章 世界で一番美しい「福島」のために(母ちゃん日記 希望こそ前に進むエネルギー/母ちゃん日記 耕し、土から恵みを受ける喜び/母ちゃん日記 甘くないぞ!「えすぺり」の経営 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大河原多津子(オオカワラタツコ)
1954年福島県郡山市生まれ。1985年結婚と同時に田村市船引町で就農。半年後から夫と、劇団「赤いトマト」の活動を始める。2013年隣町三春に、直売所兼レストラン「えすぺり」をオープン。また、一人人形芝居「太郎と花子のものがたり」の上演を始める

大河原伸(オオカワラシン)
1956年福島県田村市生まれ。1982年有機農業を始めると同時に「やさい通信」を発行。2011年福島原発事故後、被災した農民の歌を歌い始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ