ひきこもりの弟だった(仮)[葦舟ナツ]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > ライトノベル > その他

ひきこもりの弟だった (メディアワークス文庫)
葦舟 ナツ

702円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 ひきこもりの弟だった 702円
紙書籍版 ひきこもりの弟だった 702円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年03月25日
  • 著者/編集:   葦舟 ナツ
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  354p
  • ISBNコード:  9784048927055

商品説明

【内容情報】(出版社より)
ラスト、読む人に【幸せとは何か】を問いかけるーー。圧倒的衝撃の“愛”の物語。
【あらすじ】
『質問が三つあります。彼女はいますか? 煙草は吸いますか? 最後に、あなたはーー』
 突然、見知らぬ女にそう問いかけられた雪の日。僕はその女ーー大野千草と“夫婦”になった。互いについて何も知らない僕らを結ぶのは【三つ目の質問】だけ。
 まるで白昼夢のような千草との生活は、僕に過ぎ去った日々を追憶させていくーー大嫌いな母、唯一心を許せた親友、そして僕の人生を壊した“ひきこもり”の兄と過ごした、あの日々を。
 これは誰も愛せなくなった僕が、君と出会って愛を知る物語だ。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『質問が三つあります。彼女はいますか?煙草は吸いますか?最後にあなたはー』突然見知らぬ女にそう問いかけられた雪の日。僕はその女、大野千草と夫婦になった。互いを何も知らない僕らを結ぶのは、三つ目の質問だけ。まるで白昼夢のような千草との生活は、僕に過去を追憶させていくー大嫌いな母、唯一心を許せた親友、そして僕の人生を壊した“ひきこもり”の兄と過ごした、あの日々を。これは、誰も愛せなくなった僕が君と出会い、“愛”を知る物語だ。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
葦舟ナツ(アシフネナツ)
第23回電撃小説大賞“選考委員奨励賞”を受賞し、『ひきこもりの弟だった』(KADOKAWA)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年05月31日

    タイトルにひかれて買いました。主人公と母親の関係には胸がいたみました。ラストは、ちょっとびっくりでした。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2017年10月09日 - 2017年10月15日)

     :第-位( - ) > ライトノベル:第586位(↓) > その他:第317位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと4

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

702円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ライトノベル

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ