本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
ウイルス感染と常微分方程式[三村昌泰]
  • Googleプレビュー

ウイルス感染と常微分方程式 (シリーズ・現象を解明する数学)
三村 昌泰

3,240円(税込)送料無料

【消費税率変更】税込価格表記に関するご注意

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
本書は,常微分方程式の数理モデルに焦点を当て,歴史的に重要な論文と著者らのオリジナル研究を紹介する日本初の計算ウイルス学の入門書である。欧米諸国を中心に繰り広げられてきた数理モデルを用いた臨床データの定量的解析および,著者らが近年展開している数理モデルを用いたウイルス感染実験データの定量的解析を詳細に説明する。また,本書で解析される様々なウイルス感染の実験データもすべて掲載している。
第1章 数理科学と実験ウイルス学の融合
1.1 次世代のウイルス学研究に向けてー計算ウイルス学の展開ー
1.2 ウイルス感染ダイナミクス定量化の試み
1.3 理論と実験の相互フィードバック型の研究へ

第2章 ウイルス感染の数理モデル
2.1 ウイルスダイナミクス
2.2 生体内のウイルスダイナミクス
2.3 培養細胞内のウイルスダイナミクス

第3章 抗HIV治療の数理モデル
3.1 単剤治療下におけるHIV-1の感染ダイナミクス(I)
3.2 単剤治療下におけるHIV-1の感染ダイナミクス(II)
3.3 多剤併用治療下におけるHIV-1の感染ダイナミクス

第4章 抗HCV治療の数理モデル
4.1 単剤治療下におけるHCVの感染ダイナミクス
4.2 多剤併用治療下におけるHCVの感染ダイナミクス

第5章 リンパ球ターンオーバーの数理モデル
5.1 BrdU投与下における標識リンパ球のダイナミクス
5.2 重水素化グルコース投与下における標識リンパ球のダイナミクス

参考文献

索引

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 数理科学と実験ウイルス学の融合(次世代のウイルス学研究に向けてー計算ウイルス学の展開/ウイルス感染ダイナミクス定量化の試み/理論と実験の相互フィードバック型の研究へ)/第2章 ウイルス感染の数理モデル(ウイルスダイナミクス/生体内のウイルスダイナミクス/培養細胞内のウイルスダイナミクス)/第3章 抗HIV治療の数理モデル(単剤治療下におけるHIV-1の感染ダイナミクス/多剤併用治療下におけるHIV-1の感染ダイナミクス)/第4章 抗HCV治療の数理モデル(単剤治療下におけるHCVの感染ダイナミクス/多剤併用治療下におけるHCVの感染ダイナミクス)/第5章 リンパ球ターンオーバーの数理モデル(BrdU投与下における標識リンパ球のダイナミクス/重水素化グルコース投与下における標識リンパ球のダイナミクス)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
岩見真吾(イワミシンゴ)
1982年和歌山県生まれ。2009年静岡大学創造科学技術大学院自然科学系教育部博士後期課程(短縮)修了。博士(理学)。現在、九州大学大学院理学研究院准教授。専門、数理科学・数理生物学

佐藤佳(サトウケイ)
1982年山形県生まれ。2010年京都大学大学院医学研究科博士課程3年次早期修了。博士(医学)。現在、京都大学ウイルス・再生医科学研究所講師。専門、実験ウイルス学

竹内康博(タケウチヤスヒロ)
1951年静岡県生まれ。1979年京都大学大学院工学研究科博士課程(数理工学専攻)修了。工学博士。現在、青山学院大学理工学部教授。専門、生物数学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,240円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:医学・薬学・看護学・歯科学

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ