実践メディアリテラシー[大重史朗]
  • Googleプレビュー

実践メディアリテラシー “虚報”時代を生きる力
大重史朗

1,080円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年03月20日頃
  • 著者/編集:   大重史朗
  • 出版社:   揺籃社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  184p
  • ISBNコード:  9784897083742

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
情報が氾濫している時代。パソコンやスマートフォンでニュースは常時流されている。しかし、あなたの検索した「ニュース」は果たしてどこまで正しい情報なのだろうか。検索結果が「正しい」とは限らない。それを見極める力をどうしたら養うことができるのか。大学で教鞭をとる現役ジャーナリストが語ったらどうなるか。研究室だけの机上の論理ではカバーしきれない、取材現場経験をふまえた理論と実践を兼ね備えたメディア論。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1講(新聞にはどのような種類があるのか/日本の新聞の特徴/新聞・雑誌の「記者」の仕事の変遷 ほか)/第2講(「検証」や「論点整理」の前に「おわび」記事を出すべきだった/問題なのは吉田氏証言が虚偽だったことではなく、虚偽を見抜けなかった記者、新聞社の側だ/同業他紙は問題ではない、朝日の中に同じような取材はないか「検証」を ほか)/第3講(製薬企業の「講演会」と医療記者の関係/「まずはストーリーありき」の朝日体質、新人養成への考え方が原因か/記者の飲酒とモラル アルコール癖が悪くてもデスクや支局長になれる ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大重史朗(オオシゲフミオ)
1964年生まれ。早稲田大学卒業後、産経新聞、朝日新聞、AERAの記者などを経験後、2007年独立。ジャーナリストとしての文筆活動と大学・専門学校・予備校講師として教育活動に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,080円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      もっと言ってはいけない
      もっと言ってはいけない

      橘 玲

      864円(税込)

    2. 2
      承久の乱
      承久の乱

      坂井孝一

      972円(税込)

    3. 3
      日本進化論
      日本進化論

      落合 陽一

      864円(税込)

    4. 4
      国家と教養
      国家と教養

      藤原 正彦

      799円(税込)

    5. 5
      日本が売られる
      日本が売られる

      堤未果

      928円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ