薬はリスク?[宮坂信之]
  • Googleプレビュー

薬はリスク? 薬を正しく知るために
宮坂 信之

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品基本情報

  • 発売日:  2017年04月10日
  • 著者/編集:   宮坂 信之
  • 出版社:   法研
  • 発行形態:  単行本
  • ISBNコード:  9784865133899

商品説明

【内容情報】(出版社より)
薬が持っている本来的な意味を知り、医療専門家と円滑にコミュニケートするためのガイドブック。さらに昨今問題となっている薬をめぐるトピックスについても、日本のリウマチ治療の第一人者であり、PMDA(医薬品医療機器総合機構)の専門委員も務める著者が幅広く解説しています。
・薬は本当に効くのか、なぜ効くのか
・副作用や飲み合わせで危険なこととは
・言われた通りに飲まないとどうなるのか
・薬の値段はどのように決まるのか
・なぜこんなに高い薬があるのか
・医療用薬とOTC薬の違いとは…など
また、注目されているジェネリック医薬品やバイオシミラーの知識などを含め、本当に問題になるのはどのようなことなのか、患者が知っておくべきことは何かを偏向することなく伝えています。
1章 薬の歴史
2章 薬は本当に効くのか
3章 薬の副作用
4章 薬の副作用を疑ったら
5章 薬の飲み方・使い方
6章 薬の相互作用
7章 新薬はこうして生まれる
8章 最近の話題から
9章 薬の値段はどのようにして決まるのか
10章 ジェネリック医薬品とは
11章 「薬害」の歴史、薬の副作用救済システム

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
薬に対して患者がとるべき正しい姿勢とは?本当に必要な薬を安全に飲むために。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 薬の歴史/2章 薬は本当に効くのか/3章 薬の副作用/4章 薬の副作用を疑ったら/5章 薬の飲み方・使い方/6章 薬の相互作用/7章 新薬はこうして生まれる/8章 最近の話題から/9章 薬の値段はどのようにして決まるのか/10章 ジェネリック医薬品とは/11章 「薬害」の歴史、薬の副作用救済システム

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宮坂信之(ミヤサカノブユキ)
東京医科歯科大学名誉教授。1947年生。専門は膠原病内科学・臨床免疫学。1973年東京医科歯科大学医学部卒。東京女子医科大学リウマチ痛風センター助教授、東京医科歯科大学難治疾患研究所教授、同大学第一内科教授、大学院膠原病・リウマチ内科学教授、医学部附属病院長を経て現職。また厚生省自己免疫疾患調査研究班班長、日本リウマチ学会理事長等を歴任。日本学術会議会員、医薬品医療機器総合機構(PMDA)専門委員、AMED難病克服プロジェクトプログラムオフィサー、日本リウマチ研究所代表理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,728円(税込)

送料無料

個数 

関連する電子書籍

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ