わらべ歌に隠された古代史の闇[関裕二]
わらべ歌に隠された古代史の闇[関裕二] わらべ歌に隠された古代史の闇(PHP文庫)[関裕二]
  • Googleプレビュー

わらべ歌に隠された古代史の闇 (PHP文庫)
関裕二

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 わらべ歌に隠された古代史の闇 690円
紙書籍版 わらべ歌に隠された古代史の闇 799円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年04月03日
  • 著者/編集:   関裕二
  • レーベル:   PHP文庫
  • 出版社:   PHP研究所
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  312p
  • ISBNコード:  9784569767000
  • 注記:  『かごめ歌の暗号』加筆修正・改題書

よく一緒に購入されている商品

  • わらべ歌に隠された古代史の闇[関裕二]
  • +
  • 古代日本人と朝鮮半島[関裕二]
  • わらべ歌に隠された古代史の闇 (PHP文庫)
  • 関裕二

799円(税込)

在庫あり

842円(税込)

在庫あり

合計 1,641円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
かごめ歌、羽衣伝説……語り継がれた昔話やわらべ歌には、歴史の闇に葬られた人々の怨念がこもっていた。ヤマト誕生のタブーに迫る!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「カゴメカゴメ、籠の中の鳥は、いついつ出やる。夜明の晩に…」この意味不明な歌詞のカゴメ歌に登場する籠、鳥、亀などは、実は古代日本の民俗信仰や神事と深い関係がある。また「竹取物語」「羽衣伝説」とも共通点が見られるのだ。本書は、カゴメ歌の暗号を端緒に、古代史の真相に迫ろうというもの。歌に秘められた悲劇とは?歴史から抹殺された者たちの怨念とは?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 神事に通じる子どもの「あそび」(「カゴメ」は「籠目」ではなく「かがめ?」/竹で編んだカゴは神聖な器だった ほか)/第2章 鳥巫女とカゴメ歌の秘密(カゴメ歌発祥の地を探る/千葉県野田市に残された彫刻「籠の中の鳥」の謎 ほか)/第3章 ヤマトタケル・邪馬台国とつながるカゴメ歌の謎(出雲の風葬にはカゴメ歌の真相が隠されている/覆された古代史における出雲の常識 ほか)/第4章 カゴメ歌にこめられた「怨念」の謎(卑弥呼とトヨの葛藤を闇に葬った『日本書紀』/天の香具山の羽衣伝承に隠されたものは? ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
関裕二(セキユウジ)
1959年、千葉県柏市生まれ。歴史作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと6

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

799円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件
      慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグ…

      木村 盛武

      702円(税込)

    2. 2
      マチネの終わりに
      マチネの終わりに

      平野 啓一郎

      918円(税込)

    3. 3
      今昔百鬼拾遺 天狗
      今昔百鬼拾遺 天狗

      京極 夏彦

      766円(税込)

    4. 4
      絶唱
      絶唱

      湊 かなえ

      594円(税込)

    5. 5
      大人の語彙力大全
      大人の語彙力大全

      齋藤 孝

      907円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ