自動車用ガソリンエンジン設計の要諦
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 機械工学

自動車用ガソリンエンジン設計の要諦
石川義和

5,184円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2002年09月
  • 著者/編集:   石川義和
  • 出版社:   山海堂
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  262p
  • ISBNコード:  9784381088093

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書では、エンジン本体設計に関し、設計者が自ら決定しなければならない事項に的を絞り、単なる定点観測的解説書ではなく、何をどの様に考え、どの様に決定するか、筆者の積年の経験から得たものを記述した。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 緒論/2 諸元値と出力/3 気筒数・気筒配列と釣合/4 エンジン各部/5 締結/6 鋼材の硬さと強さ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
石川義和(イシカワヨシカズ)
1939年栃木県足利市に生まれる。1964年岩手大学工学部機械工学科卒業。プリンス自動車工業(株)入社、動力機構部エンジン1課配属。1966年プリンス自動車工業(株)と日産自動車(株)が合併。’64〜’88年の間、一貫して新型エンジン開発に従事。大衆車用小型エンジン、スポーツカー用高出力エンジン、レーシングカー用多気筒エンジン、ロータリーエンジンなどを設計。1969年東京工業高等専門学校非常勤講師(2年)。1985年エレクトラモーティブ社(米国)VGエンジンチューニング指導。1989年(株)日本気化器製作所入社。1990年起亜自動車(韓国)エンジン開発技術指導(1年)。1993年日産ディーゼル工業(株)と大型天然ガスエンジンを共同開発、工業技術研究員(台湾)エンジン開発技術指導(3年)。1994年(株)日本気化器製作所退社1998年大宇自動車(韓国)エンジン開発技術指導(1年)。1999年〜現在、エンジン設計コンサルタント業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

5,184円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ