真説・戦国武将の素顔[本郷和人]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

真説戦国武将の素顔 (宝島社新書)
本郷和人

842円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年05月08日頃
  • 著者/編集:   本郷和人
  • 出版社:   宝島社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  237p
  • ISBNコード:  9784800267689

よく一緒に購入されている商品

  • 真説・戦国武将の素顔[本郷和人]
  • +
  • 日本史のツボ[本郷和人]
  • 真説戦国武将の素顔 (宝島社新書)
  • 本郷和人

842円(税込)

在庫あり

907円(税込)

在庫あり

合計 1,749円(税込)

閉じる

商品説明

“過酷なテスト”で部下をふるいにかけた織田信長、真似の天才だった豊臣秀吉、すべてに華がないのになぜ家康は天下人になれたのか……。知られざる戦国武将の素顔と功績、戦国史の謎を最新の歴史学を踏まえてひも解く1冊。過大評価されている武将から過小評価をされている武将まで、日本人を惹きつけてやまない武将たちの素顔を、東京大学史料編纂所教授・本郷先生が愛ある毒舌と慧眼で解説します。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
歴史を知るうえで一番大事なのは疑うことー。東京大学史料編纂所の教授である著者が最新歴史学の研究成果を踏まえ、愛ある毒舌で戦国武将の実像を紹介する。さまざまな英雄譚とともに語られる戦国武将だが、「過剰な能力主義」で自らの首を絞めた織田信長、一国の侵略に固執するあまり天下の形勢を見誤った武田信玄、目的なき戦いに離反する家臣を止められない“義の人”上杉謙信、“独眼竜”伊達政宗の情けない失敗の数々-こうした批判的視点からは、じつに人間味にあふれた等身大の姿が見えてくる。また、中央からの独立を志した今川義元の意外な姿や、人間関係で読む本能寺の変など、史実で戦国時代のリアルに迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 天下人の失敗と素顔(織田信長 野蛮な能力査定/豊臣秀吉 信長以上のブラック上司/徳川家康 美のない天下人)/第2章 名将も後継者の育成は苦手だった?(武田信玄 意外と大局観がなかった?/上杉謙信 “義の人”も人の心は読めなかった/毛利元就 誰も信用しない戦国一の二枚舌)/第3章 敗者の実像とホンネ(石田三成 嫌味な中間管理職/明智光秀 謎多き男の“思いつき”/今川義元 永遠の引き立て役の実像とは?)/第4章 地元LOVEな地方の英雄(島津四兄弟 最強の武闘派ブラザーズ/伊達政宗 じつは戦国一の小悪党)/番外編 戦国時代の悪女(淀殿 豊臣家を滅ぼした最強の毒親)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
本郷和人(ホンゴウカズト)
昭和35(1960)年、東京都生まれ。東京大学史料編纂所教授。東京大学・同大学院で日本中世史を学び、東京大学史料編纂所に入所。『大日本史料』第五編の編纂にあたる。著書多数、監修書もある。NHK大河ドラマ『平清盛』の時代考証など幅広く活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    なうなうなう
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2018年01月06日

    ようもこんなに戦国武将に悪口を書いたものだと面白く読ませていただきました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと4

842円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ