東芝解体日本の電機メーカーは全滅するのか[大西康之]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

東芝解体 電機メーカーが消える日 (講談社現代新書)
大西 康之

864円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 東芝解体 電機メーカーが消える日 810円
紙書籍版 東芝解体 電機メーカーが消える日 864円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年05月17日
  • 著者/編集:   大西 康之
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  272p
  • ISBNコード:  9784062884266

商品説明

【内容情報】(出版社より)
【内容紹介】
 巨大な負債を抱え、会社解体の危機に喘ぐ東芝ーーかつて日本企業を代表する存在だった総合電機が軒並み苦境に陥っている。東芝・ソニー・日立ほか大手8社の歴史や経営を詳細に分析することで日本の総合電機がはまった巨大な陥穽を描く。名著『失敗の本質』総合電機版とも言える1冊。


【担当者挨拶】
日本の電機メーカーはいつから総崩れになったのだろう。私が社会人になった1990年代前半、プレイステーションが売れに売れていたソニーは超人気企業だった。東芝のダイナブックやシャープのアクオスのように「あ、かっこいい」と思ってボーナスで衝動買いした製品も多い。総合電機、大手電機の隆盛はずっと続くのだと思っていた。
ところが昨今の低迷ぶりはどうだ。パナソニックで携帯電話の設計に携わっていた親友は突然業務の縮小を命じられた。超人気企業だったソニーに入社した知人も大リストラの余波ゆえか、海外に出向したまま帰ってこない。シャープはもはや日本の会社ではないし、東芝にいたっては、原発事業でつくった莫大な借金返済のために、家電をはじめ、売れそうな部門を片っ端から売却した結果、絶体絶命の「解体」状態にある。ふたたび同じ問いを繰り返したくなる。日本の電機メーカーはいつから総崩れになったのだろう。

本書の著者であり、記者として長年電機業界を取材し続けてきた大西康之氏の答は明解だ。大半の電機メーカーは日本国内に築かれた、ある二つの巨大な「ファミリー」に属することではかりしれぬ恩恵を受け、そしてそのシステムこそが、結果的に総合電機を衰退させる原因にもなったのだという。「この構造を知らずに電機メーカーの凋落を真に理解することは難しい」と氏は語る。本書の序章はその「謎解き」「種明かし」となっている。
 第1〜8章では、東芝・NEC・シャープ・ソニー・パナソニック・日立・三菱電機・富士通ーー我が国を代表する総合電機8社をとりあげ、各社の歴史や経営を詳細に分析することで日本の総合電機がはまった巨大な陥穽を描いている。
あの名著にたとえるならば、『失敗の本質』総合電機版と言えるだろうか。(HA)
序章      日本の電機が負け続ける「本当の理由」
1東芝     「電力ファミリーの正妻」は解体へ
2NEC     「電電ファミリーの長兄」も墜落寸前
3シャープ   台湾・ホンハイ傘下で再浮上
4ソニー    平井改革の正念場
5パナソニック 立ちすくむ巨人
6日立製作所 エリート野武士集団の死角
7三菱電機  実は構造改革の優等生?
8富士通    コンピューターの優も今は昔
おわりに

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 日本の電機が負け続ける「本当の理由」-電機メーカーを長年支え続けた“本業”の正体/1 東芝 「電力ファミリーの正妻」は解体へー待ちうける“廃炉会社”への道/2 NEC 「電電ファミリーの長兄」も墜落寸前ー通信自由化時代30年を無策で過ごしたツケ/3 シャープ 台湾・ホンハイ傘下で再浮上ー知られざる経済産業省との「暗闘」/4 ソニー 平井改革の正念場ー脱エレクトロニクスで、かすかに見えてきた光明/5 パナソニック 立ちすくむ巨人ー「車載電池」「住宅」の次に目指すもの/6 日立製作所 エリート野武士集団の死角ー「技術の日立」を過信し、消費者を軽んじた/7 三菱電機 実は構造改革の優等生?-「逃げながら」「歩み続ける」経営力/8 富士通 コンピューターの雄も今は昔ー進取の気性を失い、既得権にしがみつく

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大西康之(オオニシヤスユキ)
1965年愛知県生まれ。1988年、早稲田大学法学部卒業後、日本経済新聞社入社。欧州総局(ロンドン)、日経ビジネス編集委員、日本経済新聞編集委員などを経て2016年4月に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー
  • 経済産業省が極悪なんですね
    TomoyukiYAMBE
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2017年06月24日

    全部消えると、流石にさみしいですが、
    東芝三菱日立の原発組はもう絶望的だし、
    シャープはもう消滅
    松下ももう、マネするものがない、マネシタ電気。
    三菱のジェットは飛ばないし
    NECの9801は夢だったのに、何も面白くない互換機へ
    ソニーは、ストリンガーがなあ
    経済産業省で、助けようとすればするほど、とどめを刺していく
    国産技術輸出をブロックしては、会社ごと消滅する。
    経済産業省って、日本の会社をつぶすために働いているんじゃないの?
    上手く言った事例が一つもないじゃない!!

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2017年10月16日 - 2017年10月22日)

     :第-位( - ) > 新書:第916位(↑) > その他:第324位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと7

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

864円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      バカ論
      バカ論

      ビート たけし

      777円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】君たちはどう生きるか
      【入荷予約】君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      820円(税込)

    3. 3
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    4. 4
      日本史の内幕
      日本史の内幕

      磯田 道史

      907円(税込)

    5. 5
      定年後
      定年後

      楠木新

      842円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ