特別支援教育の到達点と可能性[柘植雅義]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

特別支援教育の到達点と可能性 2001〜2016年:学術研究からの論考
柘植 雅義

6,480円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
特別支援教育が始まってから15年が経過したという一区切りの時期に、本書では特別支援教育はどこまで到達し、何が課題として残っているのか、また特別支援教育が社会に浸透していく中で、新たに生まれた課題は何か? そして、そもそも特別支援教育はどこに向かおうとしているのか?を、第1章(到達点)、第2章(課題)に続いて、第3章(可能性)として、各学術学会の代表者、保護者、教育関係者、教育行政関係者それぞれの立場から先生方に提案していただく。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 到達点(年齢別・学校種別/早期発見・アセスメント/指導・支援の計画と評価 ほか)/第2部 課題(特別支援教育の理念と基本的な考えの問題/特別支援教育の対象と範囲の問題/2E教育の問題 ほか)/第3部 展望と期待(国際比較の視点から日本の特別支援教育や学術研究への提言/学術学会の代表者のコメント(今後期待される学術研究は?)/親の会・当事者団体 ほか)/第4部 未来を描く(座談会)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
柘植雅義(ツゲマサヨシ)
筑波大学教授(人間系知的・発達・行動障害学分野)。筑波大学より博士(教育学)。専門は、特別支援教育学。名古屋市公立学校教諭(小学校、養護学校)、国立特殊教育総合研究所研究員・主任研究官・研究室長。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)客員研究員、文部科学省特別支援教育調査官(発達障害担当)、兵庫教育大学教授/特別支援教育学専攻長、国立特別支援教育総合研究所上席総括研究員/教育情報部長/発達障害教育情報センター長等を経て、2014年4月より現職(筑波大学教授/特別支援教育研究センター教授/附属大塚特別支援学校校長)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

6,480円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ