お買い物マラソン エントリー&条件達成でポイント5倍!
古代日本語をよむ[奥村悦三]
  • Googleプレビュー

古代日本語をよむ
奥村悦三

3,456円(税込)送料無料

【消費税率変更】税込価格表記に関するご注意

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年05月24日
  • 著者/編集:   奥村悦三
  • 出版社:   和泉書院
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  240p
  • ISBNコード:  9784757608382

商品説明

【内容情報】(出版社より)
文字をもたなかった日本人が、漢字というものを知って、本来は中国語を記すためのものであったその字を使って自分たちのことばを書き始めたとき、どういうことが起きたのかーー。古代日本語の書記法の特質を解明することに努めるとともに、さまざまな書き方で記された資料を順次取り上げ、具体的に検討している。
要するに、本書は誤りなく「古代日本語をよむ」ことを欲する人々に対し、その目指すところに到達する道筋を示すべく著された入門書である。
まえがき
本書の編集方針についてー初出一覧
各章扉所載の図版についてー各資料の概説
第一章 話すままに書かれたものー仮名文を読み解く
 1 仮名文書の成立以前
 2 仮名文書の成立以前 続ー正倉院仮名文書・乙種をめぐってー
第二章 語られるために書かれたものー宣命書きを訓み下す
 1 「宣命体」攷
 2 文を綴る、文を作る
第三章 読まれるように書かれたものー漢文を和文に移す
 1 書かれたものから、語られたものへ
 2 話すことばへ
第四章 日本語は漢字でどう書かれているかー漢字を和語でどうよむか
 古代日本語をよむ

あとがき

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
古代日本語とその世界への扉をたたく。文字をもたなかった日本人が自分たちの「ことば」を書き始めたとき、どのようなことが起きたのかー“読む”“訓む”ための道しるべ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 話すままに書かれたものー仮名文を読み解く(仮名文書の成立以前/仮名文書の成立以前 続ー正倉院仮名文書・乙種をめぐって)/第2章 語られるために書かれたものー宣命書きを訓み下す(「宣命体」攷/文を綴る、文を作る)/第3章 読まれるように書かれたものー漢文を和文に移す(書かれたものから、語られたものへ/話すことばへ)/第4章 日本語は漢字でどう書かれているかー漢字を和語でどうよむか(古代日本語をよむ)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
奥村悦三(オクムラエツゾウ)
昭和23年(1948)大阪市生。京都大学大学院文学研究科博士課程中退。神戸松蔭女子学院大学、京都光華女子大学、京都府立大学等に勤務。奈良女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,456円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ