閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済[水野和夫]
閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済[水野和夫] 閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済(集英社新書)[水野和夫]
  • Googleプレビュー

閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済 (集英社新書)
水野 和夫

842円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済 756円
紙書籍版 閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済 842円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年05月17日
  • 著者/編集:   水野 和夫
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  272p
  • ISBNコード:  9784087208832

よく一緒に購入されている商品

  • 閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済[水野和夫]
  • +
  • 資本主義の終焉と歴史の危機[水野和夫]
  • 閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済 (集英社新書)
  • 水野 和夫

842円(税込)

在庫あり

799円(税込)

在庫あり

合計 1,641円(税込)

閉じる

商品説明

人類史上、もっとも深刻な危機! それを乗り越える道とは?
資本主義の終焉で、世界経済の「常識」が逆転した。限界をこえて経済成長を追求すれば、企業は巨大な損失を被り、国家は秩序を失う時代になったのだ。この危機を乗り越え、生き残るのは、「閉じた経済圏」を確立した「帝国」だけである。

「長い21世紀」という500年ぶりの大転換期に始まる、新しい「帝国」システム。そのもとで、米英・欧州・中露の経済はどう変わるのか? 日本を救い出す方策とは何か?

ベストセラー『資本主義の終焉と歴史の危機』(週刊ダイヤモンド・ベスト経済書1位)で、高い評価を受けたエコノミストが描く、瞠目の近未来図!

◆目次◆
◎「閉じていく」時代にむけて
1.「国民国家」では乗り越えられない「歴史の危機」
2. 例外状況の日常化と近代の逆説
3. 生き残るのは「閉じた帝国」
4. ゼロ金利国・日独の分岐点と中国の帝国化
5.「無限空間」の消滅がもたらす「新中世」
6.日本の決断ー近代システムとゆっくり手を切るために
◎茶番劇を終わらせろ

◆主なトピック◆
・世界的超低金利現象が、社会秩序を根底からひっくり返す!
・東芝とフォルクスワーゲンが示す「逆説の経済」とは何か?
・「無限」空間の消滅がもたらす「国家と国民の離婚」
・世界史は陸と海のたたかいーEU「有限」帝国vs.アメリカ「無限」帝国
・21世紀に中華帝国はよみがえるのか?
・間近に迫る「エネルギーの崖」とグローバリゼーションの限界
・「閉じる経済圏」確立が最重要である理由
・近代の終わりの扉を開けたゼロ金利国・日本とドイツ
・「新中世」到来で、生き抜くための経済システムとは?

◆著者略歴◆
水野 和夫 (みずの かずお)
1953年、愛知県生まれ。法政大学教授(現代日本経済論)。博士(経済学)。埼玉大学大学院経済科学研究科博士課程修了。三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフエコノミストを経て、内閣府大臣官房審議官(経済財政分析担当)、内閣官房内閣審議官(国家戦略室)などを歴任。主な著作にベストセラー『資本主義の終焉と歴史の危機』(集英社新書) 、『終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか』(日本経済新聞出版社)など。

【内容情報】(出版社より)
資本主義の終焉で、世界経済の常識が大逆転。成長を追求すれば企業は打撃を受け、国家は秩序を失うのだ。生き残るのは「閉じた経済圏」を確立した帝国だけ。歴史の大転換期に日本の行くべき道を描く!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
資本主義の終焉によって、世界経済の「常識」が逆転した。経済成長を追求すると、企業は巨大な損失を被り、国家は秩序を失う時代になったのだ。生き残るのは、「閉じた経済圏」を確立した「帝国」だけである。「長い21世紀」という五百年ぶりの大転換期に始まる、新しい「帝国」システム。そのもとで、米英・欧州・中露の経済はどう変わるのか? 日本を救い出す方策とは何か?ベストセラー『資本主義の終焉と歴史の危機』で高い評価を受けたエコノミストが描く、瞠目の近未来図!

商品レビュー(24件)

総合評価
 4.32

ブックスのレビュー

  • 資本主義の向こう側?
    興国1956
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年03月02日

    基礎的な知識に乏しいので難しい内容も多いが、一読をお勧めしたい。封建主義から資本主義に移行した経済制度にこの先があるのかどうか。あるのだとすればそんな仕組みなのか。現在までの世界各国の歴史や経済面でのさまざまな現象や出来事を通じて、資本主義が閉じていくこととその先にはどんな景色がやって来るのか是非読んでみてほしい。目から鱗が落ちること間違いなし!

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    とある塾経営者です
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年06月03日

    以前から感じていた部分で共感できる記述があり、著作を読み漁っています。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと4

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

842円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    3. 3
      年齢は捨てなさい
      年齢は捨てなさい

      下重暁子

      864円(税込)

    4. 4
      続 昭和の怪物 七つの謎
      続 昭和の怪物 七つの謎

      保阪 正康

      928円(税込)

    5. 5
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ