山と村の怖い話(宝島社文庫)[平川陽一]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 文庫 > その他

山と村の怖い話 (宝島社文庫)
平川陽一

691円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年06月06日頃
  • 著者/編集:   平川陽一
  • 出版社:   宝島社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  288p
  • ISBNコード:  9784800271747

商品説明

鳳凰三山の山道に消えた学生、長野の滝つぼに沈んだままの女、山梨県で起きた「天狗の仕業」、「水かけ着物」に呼ばれる霊など、日本の山や村には、その清々しさとは裏腹におどろおどろしい土着的な話が多数伝えられており、ぞっとする怖い話がたくさん伝承されています。そこで、本書では、怪異や因習など、日本の山や村で実際に見聞され、伝承されている怖い話をまとめ、日本の怪を伝えます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本の山々や村には、すぐそばに怪異が潜んでいるー。そこに生きる人々や、旅行で訪れた人々への取材によって集められた、数々の怪異の記憶を収録。死んでもなお歩き続けた学生の幽霊「鳳凰三山に消えた学生」、姥捨て山の怪事「秘湯の老婆」、死者の着物を水で濡らす村の習わし「『水かけ着物』に呼ばれる霊」など、実際に起きた話や伝承をまとめた、75篇の怪奇実話集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
山の不思議/村の怪異/不吉な因果/伝説の謎

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
平川陽一(ヒラカワヨウイチ)
1946年、東京都生まれ。早稲田大学文学部仏文学科卒業。光文社カッパ・ブックス編集部を経て、(株)幸運社(編集プロダクション)を設立し、代表取締役となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと24

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

691円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      君たちはどう生きるか
      君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      1,047円(税込)

    2. 2
      百歳まで歩く
      百歳まで歩く

      田中尚喜

      493円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】日の名残り
      【入荷予約】日の名残り

      カズオ・イシグロ

      820円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】わたしを離さないで
      【入荷予約】わたしを離さないで

      カズオ・イシグロ

      864円(税込)

    5. 5
      回転ドアは、順番に
      回転ドアは、順番に

      穂村弘

      626円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ