ドラマチックな古生代(ブルーバックス)[土屋健]
ドラマチックな古生代(ブルーバックス)[土屋健] カラー図解古生物たちのふしぎな世界繁栄と絶滅の古生代3億年史(ブルーバックス)[土屋健]
  • Googleプレビュー

カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史 (ブルーバックス)
土屋 健

1,296円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史 1,296円
紙書籍版 カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史 1,296円

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • ドラマチックな古生代(ブルーバックス)[土屋健]
  • +
  • 大人の恐竜図鑑(ちくま新書)[北村雄一]
  • カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史 (ブルーバックス)
  • 土屋 健

1,296円(税込)

在庫あり

928円(税込)

在庫あり

合計 2,224円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
前恐竜時代にもさまざまな古生物が生きていた。三葉虫が繁栄し、アノマロカリスがカンブリア紀の覇者となる。デボン紀にはアンモナイトの仲間がまっすぐのびた円錐形からしだいに丸くなり、ティクターリクが“腕立て伏せ”をはじめる。古生代最後のペルム紀には、イノストランケヴィアをはじめとする単弓類が覇権をにぎる! ダイナミックかつドラマチックな古生代の物語が、いま、ここにはじまる。


5億4100万年前からはじまる古生代。
「カンブリア紀」「オルドビス紀」「シルル紀」「デボン紀」「石炭紀」「ペルム紀」と、およそ2億8900万年にわたり、いまでは絶滅した古生物たちが生存競争をくりかえしていた。大量絶滅事件“ビッグ・ファイブ”が何度も起こり、“恐竜時代”の中生代へとつながっていく。
生態系の覇権をめぐる古生代のふしぎな古生物たちの物語を、100点に及ぶ精緻なカラーイラスト&化石写真で解説します。
プロローグー前夜ー
そして、生命は“爆発”した
エディアカラの“変わった生物”たち
キンベレラという存在
左右相称動物がしだいに増えた?
そして、「古生代」へ
第1章 勃興
物語の幕が上がる
部品の化石?
化石の王様、登場する
幻惑するもの
動物たちにいったい何が起きていたのか
“史上最初の覇者”アノマロカリス
一つ眼、四つ眼、五つ眼、瓢箪型
どのような景色を見ていたのだろう?
カンブリア爆発
完成されていた内部
そのとき我らが祖先は……
第2章 節足動物と軟体動物の支配
時代は第2幕へ
最近注目のフェゾウアタ
“カンブリア生物”の生き残り
新たな節足動物の台頭
そして、三葉虫は立体的になる
新興勢力「頭足類」
まだまだ弱かった我らが“祖先”
第1の大量絶滅事件
大量絶滅から一夜明けて
“カンブリア動物”の生き残りが火山灰の中に
王蟲と子連れ
築かれた“ウミサソリ王国”と、生き残り三葉虫類
サカナ、“頭角”をあらわす?
第3章 革命
変化の時代
カンブリア紀の“最後の生き残り”
“魚たちの時代”の到来
アンモナイトの祖先。丸くなる
三葉虫類、最後の“大抵抗”
第2の大量絶滅事件
そのとき、陸上世界では……
脊椎動物の上陸大作戦
第4章 祖先たちの王国
最初に名づけられた時代
先陣
大森林
大森林の住人たち
最後の時代
最強の両生類、登場
爬虫類は空圏、水圏へ
単弓類、覇者となる
“剣歯”登場
エピローグ
“終わり”がやってきた
その後……

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
恐竜だけが古生物じゃない!前恐竜時代にもさまざまな古生物が生きていた。三葉虫が繁栄し、アノマロカリスがカンブリア紀の覇者となる。デボン紀にはアンモナイトの仲間がまっすぐのびた円錐形からしだいに丸くなり、ティクターリクが“腕立て伏せ”をはじめる。古生代最後のペルム紀には、イノストランケヴィアをはじめとする単弓類が覇権をにぎる!ダイナミックかつドラマチックな古生代の物語。100点に及ぶ精緻なカラーイラスト&化石写真で解説!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 勃興(物語の幕が上がる/部品の化石? ほか)/第2章 節足動物と軟体動物の支配(時代は第2幕へ/最近注目のフェゾウアタ ほか)/第3章 革命(変化の時代/カンブリア紀の“最後の生き残り” ほか)/第4章 祖先たちの王国(最初に名づけられた時代/先陣 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
土屋健(ツチヤケン)
オフィスジオパレオント代表。サイエンスライター。埼玉県生まれ。金沢大学大学院自然科学研究科で修士号を取得(専門は地質学、古生物学)。その後、科学雑誌『Newton』の記者編集者、サブデスク(部長代理)を経て2012年に独立し、現職

田中源吾(タナカゲンゴ)
1974年、愛媛県生まれ。島根大学理学部地質学科卒業。博士(理学)。専門は古生物学。群馬県立自然史博物館・学芸員、海洋研究開発機構・研究技術専任スタッフ、熊本大学合津マリンステーション・特任准教授を経て、金沢大学国際基幹教育院・助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(10件)

総合評価
 4.38

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年09月18日

    中学生の頃、ブルーバックスをたくさん読みました。この本はカラーイラストが豊富にあって、忘れていた「科学の心」が蘇ります。それでも、色とかは想像の産物なのですが。

    0人が参考になったと回答

  • 人間(哺乳類)はもう終わりか
    マキャビティCAT
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年07月29日

    古生代の生き物は、なんとユニークなことか
    生物の繁栄の種は約6,000万年ごとに入れ替わって来ました
    入替、絶滅、は原因として星が降ってきたり、地球の気候変動などが
    ありましたが、同じ種がずっと繁栄したことは無い
    哺乳類は中生代初めに地球の成功者になりかけたが、恐竜にやられて
    隅っこでほそぼそ生きるしかなかった
    もし、哺乳類が勝っていたら中生代はどんな世界になっていたろう
    サルは人間は進化したろうか
    6,600万年経った、星が落ちてきたり、地球大変動がいつ起きても不思議ではない

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年05月13日 - 2019年05月19日)

     :第-位( - ) > 新書:第973位(↑) > 科学・医学・技術:第86位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと10

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,296円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    3. 3
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸…

      鎌田 浩毅

      1,080円(税込)

    4. 4
      恥をかかないスピーチ力
      恥をかかないスピーチ力

      齋藤孝(教育学)

      820円(税込)

    5. 5
      始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎
      始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で…

      渡邉 義浩

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ