第161回 芥川賞・直木賞決定!
マンガ!認知症の親をもつ子どもがいろいろなギモンを専門家に聞きました[永峰英太郎]
  • Googleプレビュー

マンガ!認知症の親をもつ子どもがいろいろなギモンを専門家に聞きました
永峰英太郎

1,188円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年06月09日頃
  • 著者/編集:   永峰英太郎たけだみりこ
  • 出版社:   宝島社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  143p
  • ISBNコード:  9784800269850

商品説明

認知症の親をもつ人が非常に増えてきました。しかし、認知症に対して、まだまだ誤解や間違った治療法も多くあります。さらに、要介護認定など、今まで、その言葉すら知らなかったコトが、突然、目の前にあらわれます。本書では、実際に認知症の親がいる筆者が、認知症にくわしい専門家の先生に、「この症状はどうなの?」「本に載っているのと違うんだけど」など、素人丸出しで聞いていく、実体験をマンガで表現するコミックエッセイです。もちろん、正しい回答を得て、今までの誤解や間違いを正していきます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
2013年秋。母が末期がんであることが判明したとき、母から父が認知症であることを聞きました。ショックでした。そして、認知症について何も知らないボクは多くの認知症関連の本を読んだけれど、実際の介護の現場ではあまり役に立ちません。なんとかしなくては…。これからボクの実体験を紹介します。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 認知症の発症(認知症とは?-普通のもの忘れと認知症の違いって、何なの?/認知症の種類ー友人の父親は脳梗塞から発症したけど? ほか)/第2章 認知症の症状について(認知症の中核症状ー認知症はある程度、起こることが共通なの?/認知症の周辺症状ー医師に「この殺人鬼が!」と叫んだのだけど? ほか)/第3章 認知症の治療について(認知症治療の大前提の知識ー母は、父の認知症を治そうとしていたけど…/認知症の親へのタブーな行為ー母は父を叱りつけていたけど… ほか)/第4章 家族の負担を減らす(親の財産の相続ー親の認知症を考慮した相続税対策って?/遺言書ー親が認知症でも、家族に有利な相続がしたい! ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
永峰英太郎(ナガミネエイタロウ)
1969年、東京都生まれ。明治大学政治経済学部卒。業界紙・夕刊紙記者、出版社勤務を経て、フリー

たけだみりこ(タケダミリコ)
1964年、三重県生まれ。漫画家・イラストレーター

古田伸夫(フルタノブオ)
1971年、千葉県生まれ。香川医科大学卒。昭和大学精神医学教室に入局し、精神科医として主に高齢者、認知症の診断に携わる。国立精神・神経医療研究センター病院勤務を経て、2007年7月より浴風会病院に勤務、2012年4月より同院認知症疾患医療センター長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと6

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,188円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ